国連のダルスマン特別報告者が23日、都内で会見し、北朝鮮の人権状況を調査するため、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の新拠点が3月、ソウルに設置されることを明らかにした。

国連で北朝鮮の人権問題を担当しているダルスマン氏は、日本の拉致被害者の家族への聞き取りなどを行うために来日。会見では、「拉致の実行犯や指揮を執った人物を特定するためにも活用される」と述べた。

国連では、先月、北朝鮮の人権侵害が国際法上の「人道に対する罪」に当たるとして、国際刑事裁判所への付託を求める決議が総会で採択されたほか、安保理でも初めての公式会合が開かれた。これを受け、北朝鮮の国連代表団が初めて特別代表との会談に応じている。

こうした動きについてダルスマン氏は、「国際社会が最高指導者の犯罪責任を問おうとしていることで、北朝鮮としては何らかの対処をしなければならないと思ったのではないか」と述べて、北朝鮮側の姿勢に変化が見られると指摘。人権問題の解決に向けてさらに圧力を強める必要性を訴えた。