米国のITセキュリティ大手、マカフィー社の創業者であるジョン・マカフィー氏が、映画製作会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)に対するサイバー攻撃は「北朝鮮ではない」と断言。米韓の一部メディアで話題となっている。

JohnMcAfee
ITセキュリティの先駆者、ジョン・マカフィー氏

マカフィー氏の発言は、米国のニュースサイトINTERNATIONAL BUSINESS TIMESの英国版が15日に報じた。

「タレ込みはしない」

同氏は、SPEをハッキングしたのは北朝鮮であると断定した米連邦捜査局(FBI)の結論について「彼らは間違っていると断言できる」「(サイバー攻撃の)背後にいるのは、音楽産業や映画産業による締め付けや制限を憎む、市民的自由を擁護しようとするハッカー・グループ」だと指摘。そのハッカー・グループとは、連絡を取り合ってきた間柄であるとしている。

しかし同氏は、「タレ込み屋(nark)」になることを望まず、「北朝鮮のやっていることも気に入らないので、北朝鮮が(FBIの結論によって)悩まされようとも気にしない」として、ハッカー・グループの正体は明かさないとの意向を示した。

ちなみにマカフィー社は、北朝鮮が2011年に韓国に対して行ったサイバー攻撃について、「シンプルな方法で莫大な被害をもたらした」などと分析した経緯がある。

【関連記事】
「万景峰」と「ポルノ」とサイバー攻撃
北、デイリーNKへサイバー攻撃か
サイバー攻撃で制裁指定された「北の武器商人たち」の正体

    関連記事