サイバー攻撃の「報復」に動き出したアメリカ政府

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのサイバー攻撃を受けて、アメリカ政府は北朝鮮を「テロ支援国家」への再指定を検討している。

オバマ大統領は21日(現地時間)放送のCNNとのインタビューで、「北朝鮮によるソニー?ピクチャーズへのサイバー攻撃は代償の大きいサイバー破壊行為の一例」だと語った。

また、オバマ大統領は「我々は定められた手順に従って検討し、その結果を待っている」「北朝鮮がテロ支援国家に指定されると武器輸出、援助停止、貿易禁止などの制裁が加えられる」と語った。しかし、今回のサイバー攻撃を戦争行為としては考えていないと語った。

北朝鮮がテロ支援国家に再指定された場合、米朝関係に少なからぬ影響が出ると思われる。