北朝鮮版「美女数珠つなぎ」に「未来のヒロイン」登場

朝から韓国メディアを賑わせている一人の北朝鮮女性がいる。女優の卵、ペ・ウニさんだ。

朝鮮総連の機関紙「朝鮮新報」の電子版が掲載している「人気乙女」シリーズ。北朝鮮のご当地美女を紹介する、いわば「美女数珠つなぎ」(朝日放送)の北朝鮮版だ。

今回登場した平壌演劇映画大学・俳優学部5年生のペ・ウニさんは、今年9月に開かれた北朝鮮唯一の映画祭「平壌国際映画祭」で司会を担当し、国内で一躍注目を浴びた。

朝鮮新報によれば彼女のプロフィールは次のとおりだ。

彼女は、高校1年の時に日本の高校に相当する平壌演劇映画大学専門部に入学し、8年間女優を夢見て厳しい稽古にも耐えてきた。

女優になるのが小さい頃からの夢だったというペさんだが、「まさか自分が選ばれて女優の道を目指すことになるとは夢にも思わなかった」と言う。

朝鮮新報の「人気乙女」シリーズについて報じた韓国紙・東亜日報の電子版記事
朝鮮新報の「人気乙女」シリーズについて報じた韓国紙・東亜日報の電子版記事

しかし、どうせなら有名な女優になりたいと欲も出てきた。まだ映画やドラマへの出演経験はないが、大学の実習で撮影した映画への出演経験はある。

目指す女優は、北朝鮮映画の名作中のひとつ「民族と運命」に出演し大物女優の故オ・ミラン氏(2006年死去)。

好きな男性のタイプは…

ちなみに朝鮮新報は「好きな男性のタイプ」についても質問。

ペさんは、情熱的でさばさばした人、と答えている。

彼女について韓国メディアは「北朝鮮のキム・テヒ」(京郷新聞)などと紹介している。朝鮮半島では昔から「南男北女」と言って北部は美人の産地とされている。そのイメージ通りのナチュラルな美貌が韓国受けするようだ。北朝鮮美女軍団がもてはやされるのも、そういうイメージが背景にある。

北朝鮮版「美女数珠つなぎ」。ちなみにペさんは次回の美女として通学路で交通整理をしている交通保安員のユ・ジョンヘさんを紹介している。

【関連記事】美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

    関連記事