「特需」にも浮かぬ顔

「生まれ育った土地が、安く買い叩かれているようで寂しいですね。政治家の言っていたバラ色の未来も怪しいものです」

ため息交じりに語るのは、済州島出身の韓国人男性である。いったい何が起きているのか。

?韓国最大のリゾート地、済州島。その海の玄関口である済州港の大型船用埠頭には週に数回、約3000人の中国人観光客を乗せた豪華客船が横付けする。午前8時、船から一斉に吐き出された観光客たちは、待ち構えていた数十台の観光バスに分乗し、香川県とほぼ同じ広さの島内をくまなく観て回る。一方、済州国際空港も中国人団体客に?占拠?され、ソウルの金浦空港をも上回るほどの混雑ぶりだ。

jeju01
豪華客船から上陸する中国人観光客たち(撮影:権徹)

?昨年、済州島を訪問した中国人は約181万人だったが、今年は9月末の時点で200万人を突破。年末には230万人に達すると見込まれている。

?しかし、この降ってわいたような?特需?の中でも、現地の人々の表情は意外にも浮かない。島の中心地・済州市の繁華街で料理店を営む男性が苦々しげに言う。

「中国人観光客はかなりの部分が、中国資本のホテルに泊まり、中国料理店で食事をして帰ってしまう。いくら観光客が来たって、地元にカネが落ちなければ何の意味もない」

地価高騰に住民が悲鳴

?済州島はいま、中国マネーによる蚕食が急速に進んでいる。繁華街や風光明媚な景勝地周辺の土地が中国資本によって次々に買収され、ホテルなど観光施設のほか、移住者向けの高級ヴィラが続々と建てられているのだ。

?きっかけとなったのは、2010年2月施行の「不動産投資移民制度」である。

?韓国でも他の地域に先駆けて導入されたこの制度は、済州島の不動産に対して5億ウォン(約5380万円)以上の投資を行った外国人に5年間の居住ビザを与え、その期間が経過した後、特別な欠格事由がない場合には永住権を与えるというものだ。

?この制度により誘致された外国人による不動産投資は、今年8月末の時点で9597億ウォンに達しており、今年中に1兆ウォンの大台に乗ることが確実視されている。

また、この時点で、同制度により居住ビザの発給を受けた外国人は、818人の投資家とその家族ら計2176人で、投資家の大半(768人)は中国人なのだ。

jeju02
夜の街も中国人観光客で賑わう(撮影:権徹)

?1990年代末のアジア通貨危機で深刻な資本流出に見舞われて以降、韓国政府は外国からの投資をつなぎとめるために、あの手この手を尽くしてきた。ところが、その目玉になるはずだった投資移民制度が、現地の人々の負担となってのしかかっているのである。

?地元ジャーナリストが話す。
「最大の問題は不動産価格の高騰です。中国人は永住権の取得が主な目的であるため、その要件である5億ウォンの投資金額を満たすために、実勢より高い価格で土地を買うことをいとわない。そうした?買いあさり?のせいで、一般の住宅価格や不動産賃貸料まで上がってしまった。済州島住民の平均年間所得は1万9000ドルと、全国平均(2万4000ドル)を大きく下回っています。急激な不動産価格の上昇はそのまま住民の生活苦につながるのです」(つづく)

(写真・権徹/文・李策)