北朝鮮がバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに関心を示している。

アジアサッカー連盟実務委員でもある北朝鮮サッカー協会のハン・ウンギョン氏(女性)は、フィリピンのマニラで行われた「2014 AFCアワード」に参加。取材陣に「メッシを我が国(北朝鮮)招待したい」と伝えた。

ハン氏は、「平壌国際サッカー学校の全生徒がメッシのファンだ。彼らは声を揃えて『メッシが最高のサッカー選手』と答えるほどだ。学生達は、メッシの本を読み、インターネットで彼の試合を見る。彼が正直で、子供たちを愛している選手だからだ」と伝えた。

朝鮮中央テレビでは、スポーツ中継の番組もあり、海外のサッカーリーグが報道されることもある。

「もし、メッシが平壌国際サッカー学校を見学すれば、北朝鮮のサッカー向上の努力に感心するだろう」と強調。

「平壌国際サッカー学校」は金正恩氏の指示で設立され、昨年6月に開校。全国各地から9歳以上の男女学生約200人が選抜され英才教育が行われており、優秀な選手は海外に送られることもある。