「金正日三周忌」を目前に控えた北朝鮮では、反帝国主義、反米教育が強化されているが、学生は1ドル札をラッキーアイテムとして制服のポケットに入れている。それほど思想が揺らいでいるのだ。

反米教育の効果なし

平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋は次のように説明する。

「金正恩は信川(シンチョン)博物館(朝鮮戦争時に米軍による民間人虐殺の発生したところ)を訪問した。工場、企業所はもちろん高校でも思想教育の基本は反米教育だ」

ところが、反帝、反米教育を受けている学生がラッキーアイテムとして1ドル札を制服のポケットに入れているという。