中国政府が麻薬密輸、販売罪で死刑を宣告された北朝鮮人1人の刑を7日に執行した。

中国吉林省延辺朝鮮族自治州中級人民裁判所はこの日、裁判所の掲示板で北朝鮮国籍の男性オ某(32)に対する死刑を執行したと発表した。

これによるとオ某は、2010年10月初めから11月まで単独または他人を介し数回にわたって北朝鮮から覚せい剤3.75キロを中国に密輸して販売した。同年11月に覚せい剤0.9キロを密輸中に中国の公安に逮捕された。

裁判所は、「北朝鮮国籍のオ某が密輸、販売した麻薬の量が多く、社会に与える危険が大きいため死刑に処し、個人財産をすべて没収する判決が下された」、「上訴裁判所と最高人民裁判所の最終的な決定を経て、今日死刑を執行した」と発表した。

中国当局が北朝鮮人の麻薬犯の処刑の事実を公開したのは非常に異例のことで、中国人、外国人を問わず、麻薬事犯に対して厳罰で対処するという意志を改めて表わしたものと解釈される。

中国東北の吉林省などでは、北朝鮮産の麻薬密売が猛威をふるい、密売に加担した北朝鮮人たちが、ここ数年、中国の司法当局に摘発、処罰されている。

一方、吉林省白山市中級人民裁判所は6日、韓国人麻薬事犯2人を死刑に処し、山東省青島市中級人民裁判所も麻薬密輸、販売罪で韓国人1人への死刑も執行した。