人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

イ・サンヒ国防長官が28日、“軍の幹部は誰でも(北朝鮮の)抱き込みの対象になる可能性があることを明確に認識しなければならない”と強調した。

イ長官はこの日午前、国防部で開かれた脱北女性スパイ事件に関する軍首脳部の緊急対策会議の冒頭発言で、“今回の事件は北朝鮮が今も相変わらず対南革命の力量を強化し、我々の社会の内部で深く展開していることを意味する”と語った。

更に、“脱北偽装女性スパイ事件に軍の現役幹部が関わっていたことを甚だしく遺憾に思う”と述べ、“軍が断固とした対策を講じなければならない”と付け足した。

イ長官はまた、“いぶかしい点を捉えたにもかかわらず、これに同調したのは明らかな利敵行為であり、現役将校として容認できないこと”と明らかにした。

この日の会議を受け、軍は将兵の安保意識や対敵関係、部隊運営全般にわたり弱かったり補わなければならない要素があるのか精密に分析することになった。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

特に、29日から来月12日まで軍の全ての将兵を対象に、大隊長級の指揮官による特別な精神教育を実施して、偽装スパイの南派や軍隊への浸透の事例を紹介して、類似の事例が発生した時の対処方法やスパイの申告に関連した法規について説明する方針だ。

また、脱北亡命者の管理を補い、軍部隊の安保講演に出る脱北者の身元や活動を徹底的に検証して、監視する体制をとる一方、軍の防諜活動の強化や海外への派兵の将兵に関する対策を練ると国防部は伝えた。

脱北女性スパイ事件の点検と、今後の対策整備のために開かれたこの日の会議には長官をはじめとし、合同参謀議長や陸・海・空軍など各軍の総長、海兵隊司令官、機務司令官、人事企画官、合同参謀情報本部長など国防部や軍首脳部の関係者10人余りが参加した。

    関連記事