人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮で米の価格が上昇し、生活必需品の価格まで上がっており、商売の手腕がない住民は山を目指しているという消息が伝わった。

北朝鮮の内部消息筋が5日、‘デイリーNK’との通話で、“幹部や商人はお金儲けに胸が高鳴っているが、一般の事務員や商売をする力がない人は本当に苦しんでいる”と言い、“お金がない人は食糧を求めて、皆山に登っている”と伝えた。

消息筋によれば、最近中国との国境地帯で国家による薬草の貿易と密輸が盛んで、力のない人たちは猫も杓子も薬草採取に出ているという。

特に、“ワラビの季節であり、両江道には商売をする力がない人や農村の人、遠くの内陸地帯から来た人まで薬草とりに追われ、ペガム郡とサムス郡、カプサン郡一帯を含めた山岳地帯に人々が押し寄せた”と消息筋は説明した。

消息筋はまた、“若くて力が強い人たちはワラビやドルコッの根を掘り、1日で普通10キロ程度とる”と言い、“ワラビ10キロを乾かせば乾燥ワラビが1キロできる”と説明した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮でワラビの価格は下がり続けていると消息筋は述べている。1998〜2000年には、貿易機関が乾燥ワラビ1キロと小麦粉4キロを取り替えてくれた。だが2000年以後、中国の貿易業者が価格を抑え、2005年からは乾燥ワラビ1キロを小麦粉2キロと取り替えるという。

今年はワラビの収買価格が1キロ当り北朝鮮の貨幣5千ウォンで、両江道の食糧価格を見ると、白米2.5キロの価格に相当し、去年よりも多少高値だという。だが、国境地域で密輸をする人たちは貿易業者よりも少し高い価格で、ワラビ1キロ当り5300ウォンを支払ってくれるという。

このため貿易業者たちが物量を確保するために直接山地に集まって、商人と価格競争をしている。貿易業者は小麦粉や中国産のとうもろこし、あめ、菓子などの食品を持って来て、現地の住民と交換していると消息筋は説明した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

個人の商人はお金を渡してワラビをとっているが、このため貿易業者が現地の保衛員や保安院(警察)まで動員して、個人の商人を取り締まっており、現地の住民と商人の大きな反発を買っている。

農村の学校では学校の備品を整えたり、忠誠の外貨稼ぎなどの名目で、生徒に半月間の‘ワラビ休み(時間を与えてワラビをとって捧げるようにした処置)’を与え、1人当り乾燥ワラビを10キロとりに行かせていると消息筋は伝えた。

消息筋は、“最近はドルコッの根やトングルレの根なども中国の人がたくさん要求している”と述べ、“トングルレの根は価格は低いがとりやすく、貧しいお年寄りが食事代のためにとっている”と語った。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両江道のペガム郡とサムス郡では、海抜2000m以上で育つドルコッの根がとても人気だという。価格は普通、北朝鮮の貨幣で8千〜1万ウォンだ。お金がない人たちは、2、3人で食糧を持って山に登り、1週間ほど作業をするという。多い時は1人当り60キロはとれ、人気があるお金儲けの手段になっているという。

このように、薬草の輸出と密輸が盛んな国境地域では、「お金がない人は山に!」とい流行語までできたと、脱北者や消息筋は説明している。

消息筋は一方で、“お金がない人がこうして苦労して薬草を掘っているが、お金が多い商人や貿易業者はお金儲けに浮かれている”と話している。

消息筋は“この人たち(貿易業者と商人)が高値で人々を誘って、厳しい等級制と水気の計算をして、40%程度の利得を現地で得ている”と言い、“貿易や密輸を通じても、このような利得を得る”と指摘した。

また、“ない人たちは捨値で売っても当面の生計を立てなければならないため、そうした弱点を利用して、お金を儲ける人たちは莫大な収益をあげる”と言い、“お金儲けに血眼になった人たちは、むしろ現在のような状態が長続きすることを願っている”と語った。

    関連記事