人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮政府との公式な交流協力と同時に、政権に代わることができる親統一、親民主化勢力に対する支援が必要だという主張が出た。

27日、対北支援団体の‘韓国カリタス’が主催した‘2008対北支援と協力のための民間団体の役割’という主題の懇談会で、国民大学のアンドレイ・ランコフ教授が“(北朝鮮の)政治路線を変えることができる(勢力の)誕生を支持する”と述べ、“北朝鮮の軍の内部で、体制に挑戦できる勢力を強化するための措置を取らなければならない”と主張した。

更に、“対北支援政策を計画した時、北朝鮮が早いうちに改革開放を始めるだろうという幻想を捨てなければならない”と言い、“多くの人が、北朝鮮が中国式の市場化を通じて韓国との経済格差を減らし、統一を成すことを望んでいるが、北朝鮮社会の特性上、これに対する希望の根拠はほとんどなさそうだ”と語った。

ランコフ教授は“現在の条件で、対北政策は2種類の戦略を同時に利用すれば、漸進的な統一と北朝鮮の経済回復が可煤hと述べ、“1つは北朝鮮政府との公式な交流と経済協力であり、もう1つは北朝鮮政権に圧力をかけたり、この政権に代わることができる親統一、親民主化勢力に対する支持”と主張した。

更に、“2つの戦略を同時に執拗に持続的に実施した時だけ、(南北関係の)成果を成すことができる”と強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また政権の基盤を弱化させるための提案としては、“北朝鮮への情報の流入と流布が必要”と述べ、“最近受信機が増えた北朝鮮でも、冷戦時代に随分効果が見られた放送戦略を適用することができる”と語った。

ランコフ教授は対北放送局の水準を改善して、現在1日15時間程度に過ぎない放送時間を増やすことと、5~6局に過ぎない対北放送局を拡張して、放送プログラムの質も高めなければならないと提案した。

また、“最近北朝鮮ではDVDやVCRが増え、密輸入によって韓国の連続ドラマをはじめとする映画を視聴している”と述べ、北朝鮮の住民が興味と関心を持つ北朝鮮の歴史や韓国の経済、韓国の日常生活の内容を記したドキュメンタリーの製作を提案した。

    関連記事