CNNをはじめとする世界有数のメディアが、咸鏡道化成の政治犯収容所で120人余りの収監者が集団脱走したというデイリーNKの報道を、全世界にすばやく伝えた。

デイリーNKは先日、政治犯収容所の収監者が集団脱走する初の事態が発生し、北朝鮮政府が大々的な検挙作業に入ったと報道した。

アメリカの代表的なニュースチャンネルであるCNNと、ロシアの主要日刊紙であるプラウダ(Pravda)、アメリカの日刊紙であるインターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)、日本の毎日、読売新聞などが、デイリーNKの報道直後に‘North Korean prison break’という題で、主要記事として扱った。

海外のメディアの報道後、デイリーNKの英文サイトの接続者が一斉に急増した。

CNNなどのメディアは、“デイリーNKは複数の消息筋の話を引用し、北朝鮮の北東に位置する政治犯収容所で、異例の脱獄事件が発生したという報道を伝えた”と述べ、“この脱出事件の後、北朝鮮政府は‘非常事態’に突入したが、これは非常に異例な事件”と報道した。

更に、“アメリカ政府によると15万〜20万の収監者が北朝鮮内の収容所に政治的理由で監禁されている”と伝えた。メディアはそれ以外にも、デイリーNKが4日に報道した‘北朝鮮国境警備隊員20人中国脱出’という記事も紹介した。

これらの記事は、“数百人の北朝鮮の人々が、貧困と政治的圧迫のため、毎年北朝鮮を脱出している”と述べ、“韓国の脱北者たちによれば、警備隊に賄賂を与えて国境を渡って来ることができる”と報道した。

また、この報道は中国外務省当局者の話を通じて、間接的に確認された。

しかし、メディアは統一部の関係者の言葉を引用して、“この報道を確信することはできず、信頼性の問題については検証しなければならないだろう”と伝え、“外部の接近が妨げられている北朝鮮国内の消息のため、一般的に確信することは難しい”と指摘した。