2月8日に咸北清津市のスナム区域で麻薬の取り締まりをしていた保安員(警察)らが、麻薬を所持していた青年たちに襲われ、銃まで奪われた事件が発生したことが分かった。

対北支援団体である良き友が27日に配布した消息誌で、“ビンドウ(氷毒の中国式発音.ヒロポン)の取り締まりをしていた保安員3人が、ビンドウを50g所持していた青年2人を捕まえようとして乱闘劇になった”と伝え、“この過程で保安員が襲われ、銃まで奪われた”と明らかにした。

消息誌は“完全武装した保安員が、青年2人を取り押さえることもできずに殴られ、銃まで奪われたことについて、市民に‘情けない’と笑われている”と付け加えた。

最近北朝鮮では大学の教授や、甚だしくは中学生まで直接麻薬を作って販売しているという。

消息誌は“咸鏡南道の咸興市にあるサポ中学校の6年生の生徒たちが、両親の協力を得てビンドウを作って販売し、非社会主義グループ(検閲団)に検挙された事件があった”と明らかにした。

また、“両親の協力を得て幼い生徒がビンドウを作って販売したことに対して、非社会グループの構成員さえも驚愕している”と伝えた。だが、摘発されたのが未成年者だったという理由で、法的処罰はせずに教育することになり、事件は一段落したという。

消息誌はまた、“咸興化学工業大学に在職している教員が、ビンドウを直接作って販売して摘発された”と伝え、“尋問の結果、この教員は3年間新義州の密輸業者に(ビンドウを)渡していたことが明らかになった”と述べた。

一方、北朝鮮の当局は脱北者の渡江を阻むために、豆満江沿いに縦横50cmのくぎ版を設置することを決定したと消息誌は伝えた。

消息誌は“咸鏡道穏城郡の人民班ごとに、住民に2世帯あたり1枚のくぎ板を作って持ってくるか、現金1千ウォンを納めるよう伝達した”と述べ、“人民たちは食事もきちんととることができない日が多いのに、くぎ板を作る技術も出すお金もないと訴えている”と現地の反応を伝えた。

更に、“住民たちは脱北者の渡江を阻むには、根本的な対策を立てねばならず、くぎ板を作ることは、私たちを苦しめるだけで根本的な解決策ではない”と言っており、“(国家が)するわけでもないのに、しきりに何かだすようにと言って住民の不満が高まっている”と消息誌は明らかにした。

    関連記事