北朝鮮は「卵型」の美人が多い

美貌の北朝鮮応援団がメディアの注目を引いた。100人を越える応援団の外貌は一様に卵型だった。韓国で人気を呼んでいるチョ・ミョンエも北朝鮮の応援団出身で卵型の顔立ちだ。このように外貌が一様に似ている理由は何だろうか。

それは金正日の女性のタイプを把握している5課の幹部たちが、卵型の顔立ちの少女たちを選抜するからだ。5課の幹部たちは、金正日が好きなタイプの女性を選抜して、いつでも捧げる(?)準備をしていると見ても高?ネいだろう。金正日のためにすべてが存在する北朝鮮体制では、当たり前ともいえる。

金正日の女性のタイプ

独裁者金正日は、卵型の顔をした可愛らしい女性を好む。卵型の顔にたおやかな目、鼻、口、つんとした鼻筋の北朝鮮最高の美人。金正日は自らの権力を使って、数人の女性を騙取してきたと言われている。

北朝鮮では卵型の美人を指して、“あきびんに卵を乗せた姿”と表現する。卵型の顔立ちは柔らかい印象を与えて、全体的にまるく、あごに向かって下がる部分が自然な曲線を描く顔をいう。

金正日の女性は、公に知られた人だけでも8人にのぼる。8人の女性たちの外貌に、共通点を見つけることができる。

金正日と最も長い間同居した高ヨンヒは、典型的な卵型だ。金正日は高英姫を丸い顔で美人な女性と褒め言葉を惜しまなかった。その後、高ヨンヒは金正日の愛人兼同居の女性になったと言われている。金正日の別の愛人であるホン・ヨンヒ、チョン・へスンも卵型の顔立ちだ。

金正日の2人目の女性である成恵琳も丸い顔の美人だ。北朝鮮を脱出した崔銀姫は1978年に成恵琳を見て、丸い顔の美人な女性と明らかにした。成恵琳の場合、外貌は金正淑に随分似ており、金正日が好んだという。暖かい母性を感じさせる成恵琳を離婚させ、金正日は自分の女にした。

金正日が好きな外国の女優からも、彼の女性のタイプが分かる。北朝鮮の高位幹部出身の脱北者たちの証言によれば、金正日は日本の女優、吉永小百合が一番きれいだと言ったという。吉永小百合は高英姫と外貌が似ている。金正日は韓国のチェ・ジンシル、イ・ヨンエもとても可愛い美人だと言って好んだという。

「喜び組」の厳格な基準

金正日の私生活のために作られた喜び組の女性たちも丸い顔で、選抜基準も金正日の女性タイプを反映している。喜び組の選抜対象者の上体、下体、全身別に区分した標準モデルを決めておいて、これに基づいた具体的数値まで提示している。

標準モデルの具体的な数値を見れば、顔型は16歳の時に卵のような円形でなければならず、身長は16歳で156cm、20歳で160cm、24歳で162cm以上はなければならず、下体は座骨からかかとまでの長さが座高より5cm以上なければならないという厳格な基準がある。

    関連記事