韓流ヘアスタイル
北朝鮮で流行している韓流ヘアスタイル

北朝鮮の学生の間で韓国の若者のヘアスタイルを真似るのが流行していると、内部消息筋が伝えてきた。これは北朝鮮のほとんどの若者が韓国ドラマや映画に頻繁に接しており、ファッションはもちろん、今やヘアスタイルまで真似るほど「韓流」が生活の中に深く浸透していることを証明している。

北朝鮮両江道の消息筋は30日、デイリーNKとの通話で「一般的な理髪料の6倍にもなるロングヘア(ツーブロックマッシュヘア)を好む若者が増えており、理髪師も若い客に積極的に勧めている」と伝えた。

消息筋によると、平均的な男性の理髪料は1000ウォン(北朝鮮ウォン)だが、「ツーブロックマッシュヘア」は6000ウォン。6倍も高いが最近夏休みに入り、おしゃれ好きな男子学生の間ではブームになっているという。こうした現象が発生するや、理髪師も顧客誘致に熱を上げている。

生活水準が中産階級程度の家庭の子弟は、韓国製品を使用したりヘアスタイルを真似たりし、彼ら独自のグループを形成している。また、ツーブロックマッシュヘアの学生が女子学生に人気があるため、さらに急速に拡散していると消息筋は話す。

こうした現象を親たちは歓迎していない。ツーブロックマッシュヘアの費用6000ウォンで米1キロが買える。4人家族が小麦粉や麺を買えば一食が解決出来る。

親たちの反対にもかかわらず、韓国のヘアスタイルということでほとんどの学生が真似ているという。「韓国製品を使用し流行を取り入れることが生活が豊かであるかそうでないかの判断基準。流行を取り入れないといじめに遭うこともある」と消息筋は説明する。

消息筋はさらに「最近検閲が多少緩和され、隠しておいた韓国ドラマや映画を観る家庭が増えている。どこから流行が発生するのかは分からないが、韓国ドラマを観て流行を真似るのは明らか。以前なら韓国ドラマはもちろん、製品に対する取締りが強力に行われたが、昨年以降は韓国製品が市場にあっても取締りどころか幹部らも韓国製を好むのが実情。こうした現象が収拾できないほどに拡散していると判断されれば、非社会主義だとして取締りが強化される可能性もある」と話した。

しかし今のところは韓国製品の取締りは行われておらず、資本主義風ヘアスタイルであるとの理由で処罰される雰囲気でもないという。

一方、咸鏡北道の消息筋によると、一部の幹部の子弟の間では「アッパ」「オッパ」など韓国式の表現が使用されており、最近では結婚式で韓国式の韓服を好むなど、韓流が一般住民にも深く浸透している。

    関連記事