最近放送が終了した韓国のKBS大河ドラマ「鄭道伝」が北朝鮮でも人気を集めていると、内部消息筋が伝えてきた。咸鏡南道の消息筋は3日、デイリーNKとの通話で「最近、鄭道伝のDVDを買い求める人が増えた。ヒューマンドキュメントの面白さだけでなく歴史に対する新しい認識を与えている」と話した。
?
北朝鮮での韓国ドラマの人気は今や日常のものとなった。役者の口調がゆっくりで外来語がないため中高年の間で人気が高い。
?
一般的なドラマが韓国の発展した経済状況や現代の家族の風景を紹介する「ビジュアル情報」として北朝鮮住民の好奇心を満たしている一方、大河ドラマは登場人物の葛藤関係が中心となる「ストーリー」で共感を得てきた。

「大長今」(MBC)や「太祖王建」(KBS)なども現在、北朝鮮住民の間で人気が高い大河ドラマだ。

しかし消息筋が伝える「鄭道伝」に対する住民の反応は、過去に流行した大河ドラマのそれとは全く異なる様相を呈している。「本来、鄭道伝は高麗を裏切った反逆者集団の一人として朝鮮では知られていたが、ドラマの影響で鄭道伝だけでなく?成桂に対する好奇心が高まった」と消息筋は説明する。
?
北朝鮮当局は朝鮮王朝600年を「反民族的歴史」と規定。金日成を「抗日民族運動の指導者」と仕立て上げるためには、日本帝国主義に国権を譲渡した李氏王朝への否定が必要条件となる。

金日成が掲げた「反日反米民族主義」フレームを正当化するため、新羅の正統性を徹底的に否定し、古朝鮮・高麗を優れたものとして記述する必要がある。いわゆる「大同江文明」が朝鮮民族のアイデンティティを表し、これを引き継いで民族の自主性を確保した人物が金日成との論理を展開している。

こうした北朝鮮の歴史観からすると、?成桂の朝鮮王朝創業は「政変」とされる。鄭夢周を忠臣として描写する北朝鮮の書籍「朝鮮歴史逸話集 (科学百科事典総合出版社.1994)」では、?成桂について次のように描写している。

「政変で全ての実権を握った?成桂一派が、高麗王朝を転覆し新しい王朝を建てるための計画を立てるうえで、鄭夢周をはじめとする数人の忠臣が障害となっていた」(308ページ)

北朝鮮の小中学校から始まる朝鮮時代の歴史教育で、?成桂は高句麗の領土を手に入れる絶好の機会である?東征伐を放棄し権力を盗んだ逆賊として描写されている。

実際、咸鏡南道咸興市フンドク区域には?成桂が成長期と退位後の老年期を過ごした宮殿が今でも残っているが、北朝鮮当局はこれを文化財として扱っていない。鄭夢周が李芳遠に殺害された開城の善竹橋が北朝鮮の「国宝文化遺物」と指定・管理されており、訪朝する韓国人の観光コースに活用されているのと対照的だ。

消息筋は「北朝鮮では?成桂、?完用、李承晩などを『李氏売国奴』と教育するため、住民は?成桂を逆賊と考えてきた。しかし『鄭道伝』のドラマを観た人は彼を英雄と評価する」と話す。鄭道伝が住民を尊く考える?成桂を王にしたため、彼が真の英雄というわけである。
?
北朝鮮住民が韓国ドラマによくある「事実に基づいたフィクション」に不慣れな点を考慮しても、消息筋の伝言は非常に興味をそそる。「首領-党-大衆統一体」という図式的なプロパガンダばかりに慣れていた北朝鮮住民が「権力内の役割分担」や「正しい君臣関係」を悟り始めているのではと類推できるためである。

消息筋は「鄭道伝に関する話は自然と崔龍海や黄炳瑞に関する話へとつながる。では実際我が国には今、鄭道伝のような人物がいるのか、崔龍海でも黄炳瑞でもなければ誰なのか、などと話している」と話した。

北朝鮮住民の政治不信が必ずしも最高指導者に向けられているとは限らない。金正日存命時、大量の餓死と経済難の原因を「幹部が将軍様(金正日氏)に国の実情や自身の過ちをきちんと報告しなかったため」と評価する住民は少なくなかった。
?
ドラマ「鄭道伝」には北朝鮮住民だけが味わえる特別な面白味がある。実存の人物とドラマのタイトルが同じだという点だ。横に座った商人に「鄭道伝は真の英雄だと思わないか」と聞く際、通行中の保安員がいないかどうか確認する必要が全くない。

消息筋は「鄭道伝の話をするとドラマを見た人は何らかの反応を示し、見ていない人は何の事だか分からず返事もしない。ドラマを見た人同士は『観た』とわざわざ言わなくとも、時間が経つのも忘れてドラマと歴史に関する話を交わす醍醐味がある」と説明した。

韓国ドラマや映画は中国の違法コピー業者を通し北朝鮮に密輸される。衛星放送視聴設備とパソコン保存装置を利用し、ドラマが放送された1~2時間後には中国のネットカフェで見れるようになる。番組が終わると1~2日内に全編が収録された違法コピーメディアが販売される。北朝鮮に密輸され流通する期間は最小で3日程度。
?
消息筋は「私は『鄭道伝』を最終回まで全て観た。『鄭道伝』全編が収録されたDVDが市場周辺で流通している」と紹介した。「鄭道伝」は先月29日に放送が終了している。