北朝鮮の両江道で売春を斡旋していた60代の男性と20代の大学生が今春、公開銃殺されていたことが分かった。北朝鮮の内部情報筋18日、「刑法が改正され以前なら教化所程度の刑罰も銃殺するなど処罰が強化された」と伝えてきた。

両江道のデイリーNK内部情報筋は「今年初めに刑法が改正され、見せしめに恵山市で銃殺された人が何人かいる。今春には売春を斡旋していた60代と20代の男性が公開銃殺された」と話した。

大学生を雇い

情報筋によると、恵山駅の近所に住んでいた60代の老夫婦は、商売を始めようにも種銭がなかったので、汽車を待つ旅行客が休憩できるように家の空いている部屋を貸す商売を始めた。その後、本格的に宿泊業を始めたという。