デイリーNKが担当で接触した北朝鮮住民
デイリーNKが担当で接触した北朝鮮住民

▲今月初め、中国に私用旅行で訪れた北朝鮮住民が中朝国境地帯でデイリーNK取材チームと面談を実施。北朝鮮内の韓国の映像コンテンツの実態について話している。/写真=デイリーNK特別取材チーム

北朝鮮当局の韓国の映像コンテンツ取り締まり強化にもかかわらず、青少年の間では監視と統制を避け、メモリーカードのUSBを利用し韓流ドラマの視聴はもちろん、友達同士で共有するなど、韓国の映像コンテンツが拡散していることが確認された。

北朝鮮でメモリーと呼ばれるUSBは小型で携帯しやすいうえ、保安機関の取り締まりを避けるのも容易だ。また北朝鮮当局は電気を供給した後に突然停電させ家庭を訪問することで、CDをプレイヤーから取り出せない状態にして摘発を行っているが、USBは簡単に隠すことが出来るため若者を中心に人気があることがデイリーNKの取材を通し確認された。

デイリーNK特別取材チームは先月初め、中朝国境地帯の中国丹東に私用旅行で訪問中の北朝鮮住民と接触。黄海南道から来た40代の男性は「メモリーに保存し(コピーし)15、16歳程度の若者が視聴したり、互いに貸し合うことで韓国の映像コンテンツが若者の間で拡散している。子どもの教育で禁止事項として教えても、子どもは好奇心からやるなということをやりたがる。親たちが南朝鮮の映画を見るなと言うほど見る。映画が面白ければパソコンにメモリーを挿しコピーし、誰かが『面白い』と言えば友達同士で『くれくれ』『見よう見よう』と言って共有する。最近では携帯電話の使用が普及し、南朝鮮、中国、その他の国の歌を歩きながら聞いたりする」と説明した。

しかし韓国の映像コンテンツを見るのは、一般住民ではなく経済的に余裕のある人間や、幹部の子どもたちが大部分であるというのが共通した意見である。

平安南道から来た50代の女性は「その日暮らしの人間がそんなものを買うだろうか」と反問した後、韓国の映像コンテンツは「ほとんどの住民は観ることが出来ず、幹部、その子どもたち、裕福な人が観る」と話した。

彼らによると、録画機は通常北朝鮮ウォンで20~30万ウォン程度。前出の女性は「メモリーが小型の物(韓国ドラマ3編程度の容量)は7万ウォン、大きめの物は10~15万ウォン程度。人気のある映画CDを借りるのに1万ウォン程度かかり、一般の映画は5000ウォン程度」だと説明した。米の値段が平均4000~5000ウォンであることを考えれば、安い値段ではない。

北朝鮮当局の韓国の映像コンテンツ取り締まりは、昨年12月の張成沢処刑後さらに強化されたと彼らは証言する。地域ごとに処罰の程度は異なるが、酷い場合は銃殺もあり、一般的には教化所押送や追放処分などを受けるという。

黄海道から来た40代の男性は「以前より張成沢処刑後、取り締まりが強化された。一言で嵐の前の静けさだ」と話した。平安北道から来た50代の男性は「最近は南朝鮮のCDが目につけば大変なことになる。全く目につかず、携帯する人もいない。下手すると処刑されることもある」と現地の様子を紹介した。

平安南道から来た女性は「私の住む地域でもCDを隠れて借りて観たために、カンパン(鍛錬隊、集結所を指す言葉)に行って来た人がいる。初めて観たと言い張り6か月で出て来られた。普通の人は観ようともしない」と話した。新義州から来た30代の女性も「そんなものを観たら銃殺だ。観ようとも思わない」と言い放った。

韓国の映像コンテンツの取り締まり・統制組織も従来の「109常務」「927常務」以外に、平壌の高等中学校卒業生らで組織された「機動隊」が新たに組織されたことが確認された。

黄海道から来た40代の男性は「109常務は安全部(警察)、党機関、行政機関と合同で捜査を行うが、特に韓国の映画やドラマ、音楽などが記録されたCDを専門とする。彼らに逮捕されるとつまらない。927常務は非社会主義的なものを統制する。車で商売する行為を主に取り締まる」と話した。

平壌から来た50代の男性は「一昨年から区域安全部所属の『機動隊』というものが登場した。高校を卒業したばかりの18、19歳たちで組織され、原則通りに行動するためもっと厄介。機動隊員らは主に市場を巡回し取り締まりを行う。金を渡せば釈放される。住民ばかり搾取され、裕福な人はのうのうと暮らしている」と吐露した。

    関連記事