北朝鮮当局が、外貨稼ぎのため一部地域の20才の美貌女性200人を選抜して中国瀋陽に派遣しているとデイリーNKの平安南道の内部情報筋が伝えてきた。

北朝鮮当局は、金正恩体制の統治資金を手っ取り早く確保するため、外貨稼ぎ部隊として、若い女性や労働者を海外へ派遣してきた。しかし、今回のように特定地域から20歳の女性を大規模に選抜するという方法を用いたのは珍しいと情報筋は言う。

「サザエの包装」の仕事?

「昨年7月、平安南道で選抜された、成分が良く美貌の19~20歳の女性200人が中国瀋陽で『サザエの包装』の仕事をしているという情報を外貨稼ぎの社長から聞いた」と話した。彼女らは3~5年程度海外に滞在するという。