ハーグ核安保首脳会議への参加を兼ね、オランダを訪問中の朴槿恵大統領と中国の習近平国家主席は23日(現地時間)、中韓首脳会談を実施。北朝鮮の非核化について共通の認識を確認した。


両首脳は同日、習主席の宿所で1時間2分余り首脳会談を実施。「北核不認及び北朝鮮の非核化に対する両国の共同認識を再確認し、両国政府が最近、朝鮮半島問題に関する戦略的疎通を強化してきていることを肯定的に評価。朝鮮半島の平和と安定及び北朝鮮の非核化と実質的進展のための疎通と協力をさらに強化することで意見の一致を見た」と青瓦台が発表した。


青瓦台によると、朴大統領は会談時「北朝鮮の核開発と経済建設の並行政策は不可能。北朝鮮に対し対話のドアを開いているが、必ず非核化において実質的な進展がなければならない」と強調したという。


朴大統領はさらに「今までの6カ国協議首席代賦ヤの北朝鮮の核解決協議には進展が多くなかったが、今後、非核化の実質的進展を実現しうるという保証があり、北朝鮮の核能力の高度化遮断が保証されれば、対話再開と関連した多用な方案を模索できる」と付け加えた。


これに対し、習主席は韓国側の立場に同意を示した後「中国は北朝鮮の核保有を確実に反対し、国連安保理決議を忠実に履行している。中朝両国間には核問題に関し異見があるが、現在、中国側の方式で北朝鮮の説得に努力している。北朝鮮を国際社会が望む方向にうまく誘導していかねば」と説明した。


朴大統領は習主席に近日中に統一準備委員会を発足させる予定であると説明し、「統一された朝鮮半島は核のない朝鮮半島として平和の象徴となり、東北アジアに新しい成長動力を創出することで、地域の全ての人々が平和と繁栄を享受する契機となる」と述べた。


朴大統領は24日から二日間開かれる第3回核安保首脳会議で開幕冒頭演説を行う。朴大統領は「核兵器のない世界」というビジョンのもと、国際核安保体制の発展方向を提示する予定だ。

    関連記事