金正恩誕生日記念バスケットボール大会のため訪北したアメリカ元バスケットボール選手デニス・ロッドマンが、金正恩夫婦に高価な奢侈品をプレゼントし、これは国連安保理対北制裁決議違反と指摘されている。


アメリカの声(VOA)は9日(現地時間)、デニス・ヘルピン・ジョンズホップキンス国際大学院客員研究員の言葉を引用して「ロッドマンが金正恩にイタリア制高級洋服とヨーロッパ産クリスタル容器、アイルランド産ウイスキーなどをプレゼントした」と報道。


消息筋は「ロッドマンが金正恩の奥さん李雪主には毛皮のコートと英国産名品であるマルベリー(Mulberry)バッグなどを贈り、金正恩の娘にも高級児童服が贈られた」、「この種類の物品の価格は合計で1万ドルを超える」と付け加えた。


また、「産経新聞はロッドマンが去年12月の訪北の時、金正恩家族にヒョウ柄の皮コートなど1万ドルを超える高価な贈物をしたと報道した」、「ヘルピン研究員の主張と産経新聞の報道が贈物をしたと明らかにした時期が違うだけで、金額が1万ドルが超えるということは等しい」と説明した。


それとともにヘルピン研究員は「ロッドマンの贈物は対北奢侈品禽獣措置を決めた国連安保理対北制裁決議1718号を違反した」とし「安保理決議は奢侈品の輸出だけではなく、供給や移譲も禁止しており単純な贈物でも違反として見られる」と強調した。


一方、ロッドマンが北朝鮮に抑留されたケネス・ペ(韓国名ペ・ジュンホ)氏の釈放に対して「私の関与するところではない」と言う立場を見せたことを含め、アメリカ・ワシントンポストは、この日「ロッドマンは、正常なスポーツ外交活動ではなく奇怪な行動をし笑い物になっている」と指摘した。

    関連記事