人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮が越北者と主張する韓国国民6人が25日午後4時50分頃、板門店経由で無事、韓国側に引き渡された。北朝鮮は前日、板門店赤庶囃ハ信線を通し、彼らの送還を通告してきた。

韓国統一部によれば、北朝鮮が送還するとした6人はキム某氏(44)・ャ当^氏(27)・ユン某氏(67)・イ某氏(65)・チョン某氏(43)・ファン某氏(56)などで、全員男性であると伝えられる。

韓国統一部は彼らの詳しい北朝鮮への入国経緯と時期、入国ルート、身元確認などを公開していないが、彼らのうち4人は2010年、北朝鮮への不法入国容疑で調査中とされた人物である可能性が高いと見られる。

情報当局は6人の身元を引き受けた後、メディアへの公開はせずヘリコプターで移送。彼らの入朝経緯と北朝鮮滞在当時の行跡などを調査する方針。当局は今回の調査を通し、北朝鮮が最近のギクシャクした南北関係にもかかわらず突如、韓国国民を送還するとの立場を示したことに対し徹底的に究明するものと思われる。

一方、彼らのうち自らの意思による越北であることが調査により発覚した場合、国家保安法違反などの容疑で処罰対象となる見通し。

    関連記事