人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮が保有する地下鉱物資源の潜在価値が7千兆ウォンであるとの推定が提起された。

韓国国会の未来創造科学放送通信委員会所属でセヌリ党のキム・ウルトン議員は19日、国会立法調査処の資料を引用し、開発価値がある北朝鮮の地下鉱物資源が全体で20種類余りであり、これを金額に換算すると6,986兆ウォンであるとの推定値を主張した。

実際に北朝鮮が同量の地下資源を埋蔵しているとなれば、これは韓国の地下鉱物資源319兆ウォンの22倍である。

キム議員は北朝鮮のマグネサイト埋蔵量は40億トンで世界2位、黒鉛は200万トンで世界3位、タングステンは16万トンで世界6位の水準であると説明した。

現在、北朝鮮には韓国、中国、日本など6カ国の企業が進出し、26件の鉱物開発事業を推進中。このうち20件は中国企業が推進しており、韓国企業による開発事業は1件に過ぎない。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

キム議員は「北朝鮮に埋蔵されているマグネサイトや亜鉛などは韓国が100%輸入に依存する資源。地下資源開発協力のために積極的に対話に乗り出す必要がある」と話した。

    関連記事