人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

統合進歩党のイ・ソッキ議員らが内乱濫ソ連謀及び国家保安法違反容疑で捜査中となっているなかで、地下革命組織(Revolutionary Organization)所属の組織員らの秘密会合記録が30日、公開された。

彼らは当時、ソウル麻浦区合井洞のM修道会教育館に集合。韓国を敵と規定し、北朝鮮との戦争が発生した場合、後方を撹乱させ韓国政府を転覆させるという具体的な方法を協議したことが確認された。

同記録によれば、同日の会合の座長格だったイ議員は「60年間余り形成されてきた現情勢(韓国政府)を倒さなければならない。攻撃されたら受け返さねば。始まった戦争は(戦争を準備し) 決着をつけよう」と話している。

また「北は執権党ではない。あそこは全ての行為がみな愛国的。皆が賞を受けるべき。ところが我々は全ての行為が反逆である。支配勢力にはそうである」と主張した。

記録にはイ議員が「戦争を準備しよう。政治、軍事的準備をしなければならない」と述べた後、参加者らと戦争準備のために討論した内容が含まれている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

討論過程で京畿進歩連帯のイ・サンホ顧問は「戦時に通信と油類庫に打撃を加えよう。武装をどのようにするのかという問題が残っているが、インターネットに武器を作る基礎は出ている」と話した。

さらに私製爆弾を製造する方法をインターネットで学べるという発言とともに、平沢物流基地内の油類貯蔵施設と通信、鉄道、ガスなど国家機関施設を打撃し遮断する方法についても言及した。

彼は「平沢油槽タンクはニッケル合金で厚みが90?であるため銃弾では貫通できない。我々が調査済みである。通信、鉄道、ガス、油類などの施設には警備が厳重ではなかった。戦時にこれらの施設を破壊することが最も効果的な方法」と話した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

民主労総のイ・ヨンチュン高陽波州市部長は「連絡体系、後方撹乱、武装と破壊はどのようにするかについてチームを構成し、対応策を準備していかなければならない」と主張した。

彼は「戦時状況や局地戦が発生する場合、(京畿)北部地域は全て射程圏内。相互の終結地や移動ルートが必要。そうしたことに対応するマニュアルを作成しなければならない。米軍の動きを注意深く見守り把握する必要がある。チームを濫?R中心に構成し、各自徹底して準備しなければならない」と付け加えた。

討論参加者らは具体的な戦争準備のため、物理的な打撃とは別に国家基幹施設従業員を包摂するべきとの意見も提示した。イ議員は「実質的、物理的に強力に準備できるよう即刻準備するよう願う」と指示した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

一方、彼らの「戦争時、後方撹乱」謀議は当時の緊迫化した南北関係を反映したものと思われる。北朝鮮が3度目の核実験以降、「先制的核打撃」「ワシントン火の海」などと主張し、対南・対米威嚇を最高潮に引き上げる中、実際の戦時での行動指針などに対する協議を実施したと指摘される。

イ・ソッキ議員などに対する内乱濫?e疑の違法性判断は司法部に委ねられるが、現役国会議員と院内政党関係者がなどがこのような謀議と具体的な計画を立てたとということだけでも相当な余波は避けられない見通し。彼らが立てた計画が実際の行動に移されたり準備したことが確認されれば、有罪判決を受けるものと推測される。

    関連記事