最近、北朝鮮の富裕層の子弟の間ではDVDやパソコンゲームが大流行しており、一日中ゲームに熱中する中毒になる青少年が増えていると内部情報筋が13日、伝えてきた。

平安北道新義州の内部情報筋は同日、「普段は1、2時間ゲームをしている子どもたちが夏休みが始まってからはゲームをする時間が大幅に増加した。頭脳発達によいという言葉を信じゲーム用バッテリーを買い与えた親たちは今になって後悔している」と話した。

北朝鮮の青少年が好むゲームは過去の小型ゲームではない。最近ではDVDプレーヤーやノートパソコンにゲームプログラムが収録されたDVDを入れ、ジョイスティックを連結させ楽しむ戦闘系ゲームが人気だ。ゲームプログラムは主に中国から輸入され、「戦車戦争、ロボット銃撃、飛行機射撃、馬追い」などと呼ばれる。

北朝鮮の大半の家庭には外国映画やドラマが視聴できるDVDプレーヤーがあるため、ジョイスティックとゲームプログラム用DVDを購入すればゲームがプレイできる。問題は電力であるが、1日に1、2時間だけ供給される電気を充電しゲーム用に使用する。

このようにゲーム機とバッテリーまで持っている青少年は一般の学生の憧れの対象である。主に党幹部や新興富裕層の子弟らがノートパソコンを利用してゲームをし同年代から羨ましがられる。DVDプレーヤーすらない青少年はこうした流行から疎外される。

情報筋は「子供たちはゲームに夢中になり食事も決まった時間に食べないことが多い。食べるとしてもゲームをしながら食べる有様。ゲームに夢中になりすぎて夏休みの宿題も後回しの子供が多く、親が代わりに宿題をすることもある」と話した。

家庭の経済事情が悪いにもかかわらず子供からゲームを買ってくれとせがまれ、困惑している家庭もあるという。

両江道恵山の情報筋は「麺やジャガイモ餅を作って市場で販売する商人らも子供がいじめに遭うのではないかと心配し、はした金を集めてゲーム再生機とゲームDVDを購入することもある」と話した。

北朝鮮で青少年の流行が韓国ブームに続き、ゲームまで韓国の青少年と非常に似た様相を呈している。しかし韓国映画やドラマの視聴は親と子供が一緒に行う趣味活動だったが、ゲームは子供たちだけのものなので、家族間のコミュニケーションが減ると思われる。

北朝鮮は2012年に初めてPCゲーム「平壌レーサー」を自主開発した。同ゲームは北朝鮮専門旅行社の高麗ツアーとITアウトソーシング専門企業のノソテックが製作したレーシングゲーム。最近では携帯電話にゲームが内臓されており、青少年が親の携帯電話でゲームをすることも多い。

一方、労働新聞は同日、「綾羅人民遊園地に電子ゲーム館が新たに建設されサービスを開始した」とし、綾羅電子ゲーム館でゲームを楽しむ子供と大人の様子を伝えた。