北朝鮮に戻った脱北者、いわゆる再入北者らが再び北朝鮮を脱出する事件が相次いでいる。脱北後に韓国に入国したが、再び北朝鮮に戻り1月に北朝鮮で記者会見を行ったキム・グァンホさん一家。一家は再度脱北し、中国の延吉に潜伏していたところを中国公安当局に逮捕された。また、キムさんとともに記者会見を行ったコ・ギョンフィさんも脱北を試みたが失敗し、北朝鮮の保衛部(秘密警察)に逮捕されたことが明らかになった。

北朝鮮人権改善会のキム・フィテ事務局長は15日、デイリーNKに「キム・グァンホさんは夫人と娘のほか義弟と義妹と共に脱北したが、延吉で中国公安警察に逮捕された」と話した。開かれた北韓放送は9日、「コさんも脱出に成功したが、息子と娘を脱北させるために両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)の川向うの吉林省長白朝鮮族自治県で電話をかけたところ、位置を追跡され保衛部に逮捕された」と伝えた。

デイリーNKの内部情報筋もこの事実を確認した。