北朝鮮の両江道(リャンガンド)白岩(ペガム)郡にある「10月18日総合農場」に集団配置された約1千人規模の除隊軍人らが、現地住民の財産など強奪する犯罪行為を頻繁に行っており、社会問題に発展していると内部情報筋が14日、伝えてきた。

彼らは金正恩がジャガイモ生産を増やすために今年4月に集団配置させた満期除隊軍人で「方針除隊軍人」と呼ばれる。北朝鮮は少なくとも数百人から多くて数千人に達する除隊軍人を時期別に必要な作業部門に集団配置させてきた。食糧難が本格化し始めた1990年代後半からはジャガイモの主要生産地である両江道に除隊軍人を集団配置するようになった。

両江道の情報筋は13日、「今年4月、除隊軍人らが農場に配置されて以来、民家に侵入し食糧やキムチを盗み、味噌まで持ち去る。春窮期のため食糧事情が悪いのに除隊軍人が盗みを働くため毎日戦争のようだ」と話した。

彼によれば、除隊軍人らは30代中盤の訓練で鍛錬された身体であるうえ、組織的に動くため住民が恐れる対象となっている。住民らの財産リスト1位のTVと自転車はもちろん、家の前に短時間放しておいた豚まで盗まれる事件も発生したという。

彼らの犯罪について現地住民らは「軍隊にいる時から住民の財産を強奪する方法ばかり学んだため、除隊しても同じことをしている」とこぼしている。彼らの強奪行為に対し住民の不満は高まる一方だが、金正恩の命令で配置された方針除隊軍人であるため、保安員も取り締まりに乗り気でない。

情報筋は「個人の畑で採れる量よりも除隊軍人に盗まれる量の方が多いという話まである。一部の家庭では除隊軍人に盗まれないようにと家族が交代で監視している。方針除隊軍人が初めて配置される時は、郡党秘書までが出迎え祝賀行事を行ったが、今更だが強盗集団を歓迎したようなものと話したりしている。元帥様(金正恩氏)から人民の品物を盗めとの方針を受けた軍人ではないのかとも皮肉っている」と話した。

韓国に入国した脱北者らは、北朝鮮が10年以上の軍服務期間を終えた軍人を対象に本人の意思と無関係に集団配置する政策は制度的人権弾圧だと指摘した。

通称、万町歩農場と呼ばれる「10月18日総合農場」は北朝鮮当局が1980年代、ジャガイモ生産のために万町歩に達する山林地帯を開墾して整備。同地で働く農場員の大分が平壌市から追放された人であり、ウンドク、カンドク、チョンボン、ウォンボン、ボンジャンなどに住んでいる。

    関連記事