人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

北朝鮮がスカッドミサイル発射台2基を日本海側に追加配置したことが明らかになり、ミサイル発射の可能性について再び関心が高まっている。最近に入り中国を介した「対話」気流が見受けられるが、北朝鮮のミサイル発射を排除するにはまだ早いと思われる。

軍事専門家らは北朝鮮がミサイル発射効果を最大化するため、25日の朝鮮人民軍創立日または米韓連合訓練「ドクスリ訓練」が終了する30日以前に発射する可能性を見込む。来月7日に開かれる米韓首脳会談を狙い、北朝鮮問題を主要イシューにさせるためミサイル事態を長期化させることも考えられる。

北朝鮮が実際に米領グアムまで到達できるムスダン(射程距離3000~4000km)ミサイルを発射する場合、交渉は中断され朝鮮半島情勢は急激に冷却すると展望される。国連安保理の対北制裁決議2094号に明示された「トリガー(trigger.自動介入)条項」に基づく追加制裁も避けられない。中国のけん制も負担が少なくない。

北朝鮮は米国との交渉力を高めるため、今月初めにムスダンなどの中短距離ミサイルを日本海側に移動。発射準備を完了させた後、10日以上特別な動きを見せていないが、ミサイルは配置状態のままだとされる。

韓国国防省のキム・ミンシク報道官は22日、定例会で「北朝鮮が日本海側で発射準備をしているとされる弾道ミサイルを撤収していないようだ。(北朝鮮が配置した弾道ミサイルを)撤収しない限り状況は収まらない」と述べ、北朝鮮の動向を注意深く見守っていると話した。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

ただ、射程距離が比較的短いスカッド(射程距離300~500km)やノドン(射程距離1300km)ミサイル発射を強行する場合、南北関係と日朝関係は悪化しても、対外的交渉の余地は残る可能性もある。北朝鮮が朝鮮半島の緊張局面を打開するための出口戦略として、ムスダンではなくスカッドやノドンミサイルの発射を選択することもあり得ると専門家らは推測する。

自主国防ネットワークのシン・インギュン代表はデイリーNKに「現在は小康状態だが状況は収束していない。26日には米韓連合上陸作戦がある。(北朝鮮が)上陸作戦を抑止する次元で(ミサイル発射を)前日の25日やドクスリ訓練が終了する30日前を選択する可能性が現在としては高い」と展望した。さらに5月7日の米韓首脳会談まで引き延ばす可能性もあると付け加えた。

シン代表はまた「ムスダンを発射することによる追加対北制裁と中国の反発を予想し頭を悩ませていると思われる。米国に強力なメッセージを伝えるためにはムスダン発射の可能性が高いが、(そうなると)中国が北朝鮮から一歩遠ざかる結果となる」とし、スカッドやノドンミサイルの発射を有力視した。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

朝鮮半島の緊張を高めておきながら何も行動を起こさなければ、金正恩体制の指導力に影響が及ぶことも考えられるため、名分を立てるためにも日本海側の公海上にスカッドやノドンミサイルを発射するのではとの憶測も出ている。

韓国国防研究院のシン・ボムチョル北朝鮮研究室長は「北朝鮮の挑発局面は安定に向かっているように見えるが、ミサイル発射の可能性は常にある。今月末までは様子を見る必要がある。ノドンやスカッドミサイルを日本海に落とす方法で体裁を維持しつつ、現在の局面にけりをつける可能性もある」と展望した。

シン室長はさらに「南北関係は悪化するかもしれない。結局は米国との交渉で核保有国の地位を確保するのが目標。ムスダンを発射すれば状況はさらに悪化し、新たな制裁が不可避となるため悩んでいる」と説明。米朝対話交渉も考慮し、状況を悪化させることはしないのではと指摘した。

    関連記事