人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国のナロ号打ち上げが予定されていた11月下旬、北朝鮮は長距離ミサイル打ち上げを準備した。韓国政府関係者は、北朝鮮が平和的宇宙開発との持論を国際社会にアピールするためと解釈した。韓国は衛星を打ち上げてよく、北朝鮮はだめというのは不条理だとし、長距離ミサイル開発の理由を獲得するのが目的と見られる。

北朝鮮はナロ号の打ち上げが延期されたにもかかわらず、1日、長距離ミサイル打ち上げを絡吹B韓国政府は内政引き締め用と見ている。高位当局者は2日、「軍心と民心を鎮め、内部を引き締めるためには大事件が必要。(ミサイル打ち上げ談話文)冒頭が金正日の遺訓と始まっていることからも明らか」と話した。

北朝鮮がミサイルを今月10∼22日の間に打ち上げると予告したことについても「金正日前国防委員長死去1周忌となる、今月17日を前後した6日間となっている。供養をするという重要な意味合いを与えようとしているのでは」と推測した。

北朝鮮が長距離ミサイル打ち上げを12月に控えたのには複数の目的が考えられる。自身のリーダーシップを先代の業績に頼っている金正恩にとって、ミサイル打ち上げは遺訓貫徹の意志を見せ付ける格好の材料である。就任から1年が経過しようとするが、人民生活の改善は口先だけで、軍部粛正によって政治的混乱が激化する中、内部からの厳しい視線を1つに集中させる策が切実に必要な状況である。

今年4月のミサイル打ち上げ失敗による屈辱を挽回するためにも、戦略ロケット軍に早急な補完を指示し、今年中に成果を出そうとしているようにも見受けられる。さらに米国と韓国の大統領選、日本の衆議院選に合わせ、国際社会の注目を集められるという目論見もあると思われる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国大統領選への影響に対しては、綿密に計算したとは思えずむしろ何も考えていない可能性が高い。米国のニューヨークタイムズは、北朝鮮のミサイル打ち上げにより韓国大統領選はさらに混沌化するとし、「女性であり軍服務経験のない朴候補には不利となる可能性もあるが、同時に韓国の保守支持層の団結を助長し得る」と分析した。

世宗研究所のオ・ギョンソプ研究委員は「韓国大統領選とは無関係な行動。自国内の緻密な政治的計算による行動であり、金正恩の不十分な指導力を補完する目的が最も大きい」と話した。

一方、北朝鮮がミサイルを打ち上げれば、国連安保理が自動召集され制裁方案を議論する。4月に採択された安保理議長声明には、北朝鮮が新たな挑発をする場合の安保理自動召集条項が盛り込まれている。来年1月から安保理非常任理事国となる韓国政府の外交力も注目される。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

高位当局者は「本質的に(以前とは)次元が異なる制裁の必要を感じる。金融分野や海運分野もある。4月の際は制裁対象企業のみ増やしたが、それだけでは北朝鮮の挑発を抑制するには限界があるとの認識を共有している」と強調。先週水曜から米国との北朝鮮ミサイル打ち上げに対する対策樹立準備に入ったという。

    関連記事