北朝鮮北部地域の代表的な政治犯収容所として知られた’22号管理所’が去る6月解体されたと、少し遅れて伝わった。

咸鏡道(ハムギョンド)の内部消息筋は、27日デイリーNKと通話で、「咸鏡北道(ハムギョンブクト)会寧(フェリョン)にあった22号管理所が、6月完全に解体された」、「管理所長と幹部1人が、中国に逃げたためで、国家次元で解体決断を出したと知らされた」と言った。

DNKF_hoeryong22
政治犯収容所である「22号管理所」は、咸鏡北道の北部にあった(赤く囲んだ位置)

北朝鮮内部では、3月から22号管理所の解体うわさが流れ始めた。咸鏡北道会寧市とオンソン郡にかけて位置する22号管理所の隣近地域住民から「管理所が門を閉める」、「罪人たちは他の所に秘密裡に移送している」と言う話が出たのだ。

3月、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)もこの内容を報道した。最近、入国した脱北者の中でも、22号管理所の解体消息に対して「知っている」と証言する人が増えている。

しかし、管理所解体理由が、管理所長の「北朝鮮脱出」ということは、今回初めて確認された。北朝鮮人権問題の象徴のように注目されて来た「政治犯収容所」の実体が、外部社会に流出されることを恐れた北朝鮮政府の苦肉の策というのが消息筋の分析だ。

北朝鮮政治犯収容所所長職は、通常国家安全保衛部要職(階級上大佐級)で、勤めて引退する前に最後に授かる職ということから、政治犯収容所に関連した情報の外にも、北朝鮮高位層の個別人士と係わった情報までの把握が可能だ。

とくに金正恩一家と直間接的な関係のある最高位級も、政治犯収容所に収監される場合があり、北朝鮮政府が迅速に解体決断を出したと考えられる。

管理所長の北朝鮮脱出時点や、北朝鮮脱出動機は、まだ確認されていない。ただ、この管理所解体関連うわさが、3月初から出回り始めたということから、昨年末、金正日死亡直後から今年2月の間だった可能性がある。

消息筋の説明によれば、22号管理所解体は、3月初から始まった。一応収監者たちは複数の他の地域政治犯収容所に分散移送された。解体過程で釈放された収監者もいない。

消息筋は、「3月初から病気になったとか栄養失調になった収監者から移送を始め、4月末まで健康な罪人たちの移送があった」と言った。収監者を見張って労動をさせた管理員は、5月までに、最後に6月初に管理員の家族まで皆移動した。

消息筋はまた、「罪囚たちや管理員たちの最後の行方を知る者はほとんどいない」、「管理員の家族が、各々保有していたトウモロコシ300〜500キロが近く市場に売られたことをみると、他の道に移動したと推測される」と言った。また「22号管理所が、管理運営していた農地と建物は、皆ヘリョン市に配属された」と付け加えた。

北朝鮮人権記録保存所(所長ユン・ヨサン)が確保している北脱出者証言記録によれば、咸鏡道ヘリョン、オンソン、セビョル地域にかけて位置する「22号管理所」は、収監人の家族まで強制収用する「完全統制区域」だ。国家安全保衛部が直接管理する。

収監者たちは裁判手続きなしに収監されるから、形量が決まらず、結局「死亡するまで」収監され、強制労動に苦しまなければならない。広いな農地に、軍人社宅、食料品工場、生活必需品工場、被服工場、軍人幕舍、死刑場、汽車駅、人体実験室などを置き、衛星写真で見ると一般の村と差がない。この収監者管理員として働いた脱北出は、収監人員を2万〜5万人とみている。