韓国政府が、100億ウォン相当の水害支援提議に、北朝鮮は12日サポート品目に対する不満を示し断った。転用可能性のある米、セメント、重装備の代わりに、小麦粉1万トン、カップ麺300万個、医薬品などを支援するという韓国に露骨に不満を現わした。

期待した支援品目を提示しなかったため、自尊心を捨ててまで支援を受け取らない立場に固執したようだ。また、今が収獲時期だという考慮し、すぐには食料事情が切迫しないという事情も考えられたと観測される。

しかし韓国に「水害支援品目を知らせてくれ」と言った北朝鮮のが態度が急変する理由は十分でない。脱北者の間では、カップ麺300万個支援を提示したのが拒絶の本質的な理由という指摘する。

新義州出身の脱北者は17日デイリーNKと通話で、「2010年、韓国から受けた器ラーメン(カップ麺)のうち一部が、当時の新義州水害者たちに世代員にあわせ供給されたが、人気がすごかった」、「政府が器(コップ)をとり除いて、ラーメン中身と味付け袋(スープ)を配ったが、住民は味付け袋に書かれた字を見て韓国製だとすぐに分かった」という。

2010年、当時韓国政府は、大韓赤庶嚴ミを通じて中国丹東を経て水害地域である新義州に300万個のカップ麺を支援した。

ラーメンの味に、住民たちが韓国の経済水準に対して驚いたというのがこの北脱出者の説明だ。それまで、中国ラーメン程度の味しかしらない住民は、経済大国である中国より韓国が技術的に先に進んでいると驚き、住民の間で大きい話題になったと言うのだ。

闇市で韓国のラーメンが隠密に販売されているが、住民たちは購買する意慾さえ出ない。袋ラーメンの場合2千ウォン程度、労動者一ヶ月の月給の水準だ。カップ麺は、量も少なく価格も袋ラーメンより高い。大多数の住民たちは、水害支援品でのカップ麺を初めて味わったと脱北者は言う。

一方、一般人民より余裕がある幹部たちの間では、韓国ラーメン人気はすごい。電気事情で延着が常の北朝鮮列車に乗って長距離出張を行く幹部たちには、ラーメンは必須というのが北脱出者たちの証言だ。

こんな事情に韓国ラーメンに関する話は、住民たちの間で長い間話題になっている。「麺は冷えても大丈夫、酒のつまみにもいける」、「中国ラーメン味付けは香が強くていやだが、韓国のは甘くて口に合う」などの反応だった。

当時、北朝鮮政府は住民たちに「国際機関から送られた救護品」と伝えたが、これを信じる住民はいなかったと言う。2010年、韓国カップ麺で受けた影響を考え、北朝鮮政府がカップ麺の提供を受け取れなかったという。

    関連記事