人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

中国の胡錦濤国家主席が北朝鮮の金正恩に対する支持を表明し、両国の友好強化を強調したと、中国の新華通信が23日伝えた。

胡主席は同日、北京を訪問した金永日(キム・ヨンイル)労働党国際書記と会談。「中国と北朝鮮は朝鮮半島の平和と安定維持のため、不断の努力を重ねていく。両国は東北アジアの長期的な安全保障と益々の共同発展を実現していく」と述べたと、同通信は伝えた。

胡主席は特に「両国の友好・協力増進は中国共産党と政府の持続的な指針となる」と述べ、両国の「同盟」を強調した。

さらに胡主席は中国共産党中央委員会を代弁する形で、金正恩の労働党第1書記推戴を慶賀し、「金正恩のリーダーシップの下、北朝鮮労働党と政府は住民を繁栄と前進の道に導き、強盛大国を建設していくだろう」と述べた。

新華通信は同日、両国が先日の北朝鮮による長距離ミサイル発射に関して言及したかについては触れなかった。

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

一方で中国外交部は同日行われた、戴竝相O交担当国務委員と金書記の会談にて、北朝鮮の核実験問題が討議されたと示唆した。

中国外交部の劉為民報道官は同日のブリーフィングで「北朝鮮の核実験問題に関連した言及があったか」という質問に、「両国は国際関係と関連し大いに意見交換した。北朝鮮の衛星発射問題について、中国は北朝鮮を含み各当事者と連絡を維持している」と答えた。

    関連記事