米国防総省は29日、北朝鮮の長距離ロケット発射計画を理由に対北食糧支援を中断すると明らかにした。

ラボイアジア太平洋担当次官補代行は下院軍事委員会聴聞会に出席し、「北朝鮮のロケット発射計画は、彼らが約束を守る意思が不足していることを示している。北への栄養物資を提供する活動を停止するしかない」と話した。

「(ロケット発射発表により)食糧支援が、実際に飢えている北朝鮮住民に伝達することを確認するためのモニタリングの信頼が失われた」と強調した。

続いて「第3次米朝ハイレベル会談の合意には、ミサイル発射を禁止する内容が含まれていた。我々は人工衛星の打ち上げはミサイル技術が使用されるため、これに反対するという立場を明確にした」と付け加えた。

「北朝鮮は約束を破り、結局は彼らを信じることができなくなった。我々は、現時点で食糧支援を行わない計画であり、これを北朝鮮の政策を変化させるテコとして利用しない」と強調した。

    関連記事