人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

アメリカは去年の10月の北朝鮮の核実験以降、国連安全保障理事会で採択された対北決議により、クリントン行政府時代の北朝鮮とのミサイル交渉妥結以後に廃止した対北輸出許可制を復活させた。

アメリカ商務省産業安保局(BIS)は26日、ウェブサイトに載せた官報を通じて、“輸出管理規定(EAR)を改正して、北朝鮮と係わる、食糧及び医薬品を除いたすべての品目の輸出と再輸出時の刹魔?謫セしなければならない許可制を実施する”と明らかにした。

しかし商務省は“北朝鮮の住民のためのものや、国連の人道主義支援の努力のための物資(毛布、靴、暖房油や生活必需品など)と農業及び医療用装置は、刹魔フ申請が受付された場合、一般的に承認する”と付け加えた。

商務省はまた、対北贅沢品の禁止リストと方法も定めて、施行に入ると明らかにした。

商務省は贅沢品リストを詳しく載せ、“ここで指摘した物品以外の物が贅沢品に当たるかは事案によって決定される”とし、“使用者及び使用目的によっても承認の是非が決まる可能性がある”と説明した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

アメリカは1999年の北朝鮮とのミサイル交渉妥結によって、2000年6月に、大部分の品目に対する対北輸出許可制を廃止するなど、対北禁輸を相当部分解除した。しかし、去年 7月の北朝鮮のミサイル打ち上げ以後、許可制を再び施行する措置を準備してきた。

一方、米朝間でBDA問題の解決に向けた動きがある時点で、対北輸出許可制を突然発表したことから、アメリカが協商政策と制裁方案を同時に駆使しているのではないかという観測も出ている。

※ アメリカ商務省官報に全文表示

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真


[以下は北朝鮮に輸出することができない贅沢品]

・タバコ、酒類(ワイン、ビール、洋酒など)、宝石

・高級時計、腕輪、財布及び高級金属ケースがある品物

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

・衣類及びファッション商品
 皮製品、シルク製品、毛皮、人工毛皮、デザイナー衣  類、ファッションアクセサリー(ハンドバッグ、デザイ  ナー万年筆、シルクスカーフ)、化粧品、香水

・電化製品
 プラズマ、LCDテレビ、ビデオモニター及び受像機、  29インチ以上すべてのテレビ、DVDプレーヤー、PDA MP3  プレーヤーなど個人デジタル装置、ラップトップコンピ ューター

・交通
 ヨット及びアンテイーク車、高級車(大衆交通手段を除い た自動車の全て)、レーシングカー、スノーモービル、  バイク、スクーター

・余暇及びレジャー用品
楽器、スポーツ用品、芸術作品(絵、彫刻、銅像含)、骨 董品(100年以上のもの)、希少な小銭やコレクション品、  ボーンチャイナ、クリスタル製品

    関連記事