金正日が死亡し、偶像化作業が急ピッチで行われる中、金正日の名前を冠した地域又は施設が登場するかもしれないという主張が提起された。

金日成広場、金日成競技場、金日成総合大学、金策工業大学、金亨稷郡、金正淑郡など、北朝鮮には地域や施設に金日成、革命第1世代の名前を利用した偶像化作業が行われており、金正日の名前も同様に利用されるとの意見である。

北朝鮮で人名を地名に改称したのは、金正日が後継者として登場した後の1981年に、新坡郡を金正淑郡に変更したのが始まりである。その後、1990年に豊山郡を金亨権郡に変更したのが最後である。

大学などの教育施設は、1950年代から金日成、金正淑、金策らの名前が使われる様になったが、金正日の名前が使われている事例は、金正日政治軍事大学だけである。

偶像化の対象となる可能性が高い地域は、白頭山三池淵郡と平壌の住宅10万世帯建設地域である。