過去20年間で、武器や麻薬類を不法に輸送しようとして摘発された船舶のうち、北朝鮮国籍の船舶が四番目に多いことが明らかになった、とボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送がストックホルム国際平和研究所の報告書を引用し、31日に報道した。

報告書によると、北朝鮮国籍の船舶は過去20年間に武器や麻薬を不法に輸送しようとして摘発された船舶のうち、4.8%で4位にランクインした。 1位は19.5%のドイツであり、ギリシャと米国がそれぞれ10.6%と7.8%を占め、その後に続いた。

しかし、船主や関連当事者らが違法輸送に直接関連していたり、積極的な協力を見せたケースを別途に分類する場合、北朝鮮はギリシャに次いで2位であると説明した。

特に航路の迂回、複数の港や船舶の利用、積み荷目録や信用状の虚偽記載などで国際社会の制裁と追跡を逃れようとしてきたものだと伝えた。

報告書は「実際には、北朝鮮とイランが自国所有の船舶を利用して武器や二重用途品目を違法で運搬した比率は、2007年に63%に達したが、2008年と2009年には33%水準に落ちた後、2010年以降は報告されていない」と明らかにした。

北朝鮮とイランが外国籍の船舶を賃貸したケースも、2006年の20%から2008年には22.2%に多少上昇したが、2010年以降は姿をくらました。

報告書を作成したストックホルム国際平和研究所のヒュー・グリフィス先任研究員は同放送に、「このような傾向は、北朝鮮とイランがそれだけ海上で国籍を示すのが難しくなったことを意味する」と述べた。

    関連記事