人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は31日、軍事偵察衛星の打ち上げに失敗したと明らかにし、速やかに2回目の打ち上げを行うとした。

同通信は、国家宇宙開発局が31日6時27分、「平安北道鉄山郡西海衛星発射場で予定されていた軍事偵察衛星『マンリギョン―1』号を新型衛星キャリア・ロケット『チョンリマ―1』型に搭載して打ち上げた」とし、「打ち上げられた新型衛星キャリア・ロケット『チョンリマ―1』型は正常飛行中、1段の分離後、2段エンジンの始動不正常によって推進力を失い、朝鮮西海に墜落した」と明らかにした。

同通信によれば、国家宇宙開発局の報道官は、「新型エンジンシステムの信頼性と安全性が落ち、使われた燃料の特性の不安定に事故の原因があると見て、当該の科学者、技術者、専門家が具体的な原因の解明に着手すると指摘した」という。

また同局は「衛星の打ち上げにおいて現れた重大な欠陥を具体的に調査、解明し、それを克服するための科学技術上の対策を早急に立てるとともに、さまざまな部分試験を経て可及的速い期間内に第2次打ち上げを断行すると明らかにした」という。

    関連記事