核兵器開発、大量破壊兵器の取り引き、偽札流通、麻薬密輸。

これは南米やヨーロッパの悪名高いマフィア集団の話ではない。金正日が過去に犯した国際犯罪の代風痰?唐ーただけだ。

北朝鮮は国際社会の監視網を避けて核兵器の開発を行う一方、大量破壊兵器(WMD)関連技術および部品の密輸を行っていた。また統治資金確保を目的とした政府次元での麻薬の栽培・密売事業に加え、超精密な偽札を開発・流通させて国際金融市場を混乱させた。

このような北朝鮮の国際犯罪は、金正日が後継者となった1970年代後半から本格化した。金正日は体制の生存と統治資金の確保を目的に党および権力機関を利用し、あらゆる不法行為を犯したとされる。

核兵器開発による国際安保体制への脅威

金正日は金日成死後、経済不況、配給体系の崩壊、自然災害など北朝鮮内部の問題を解決する打開策として核兵器開発を始めた。国際安保を担保代わりに独裁政権の生き残りを選んだのだ。

北朝鮮は一時、核兵器拡散禁止条約(NPT)に加入(1985年)、朝鮮半島非核化共同宣言(1992年)を発表するなど、融和的な歩みを見せた。だが、国際社会から核施設の査察が要求されるとすぐに、NPT脱退という威嚇カードを振りかざす。結局NPT体制崩壊に脅威を感じた米国は1994年、ジュネーブ合意を通じて核施設の凍結を条件に北朝鮮に軽水炉建設を提供を約束する。

米国から40億ドル規模の軽水炉施設の提供と関係改善を引き出した北朝鮮は、国際原子力機

    関連記事