人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

韓国と北朝鮮は、第9次南北赤十字会談二日目の 29日、首席代赴yび実務代表の接触を相次いで開き、離散家族再会拡大及び国軍虜.拉北者問題解決に対するお互いの立場において調整中だ。

金剛山で開かれている赤十字会談で、南北は合意書の下書きを交換し、離散家族再会の規模などにおいて、両側の差が大きく、実質的な合意を導き出すのに困難を強いられていると知らされた。

韓国側は、現在年間 2,3回、非定期的に行なわれている離散家族再会の回数を来年に大きく増やし、常時再会を始める一方、離散家族再会行事の直前に行なわれる両側家族の生死及び、住所の確認も並行しようと提案した.

また、来年初めに映像レターの交換事業を師範的に実施した後、定期的に映像レターをやりとりしようという内容も下書きに盛るもまれた。

これと共に、国軍捕虜及び拉北者問題と関連し、離散家族再会とは別に再会するようにする方案など、2種類の具体的な解決方案を提示したことがわかった。韓国が提示した ‘2種案’についてはまだ明かされなかった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

しかし、北朝鮮側が韓国側に渡した合意文下書きには、国軍虜及び拉北者問題が盛りこめられておらず、既存方式どおり 2~3人を離散家族再会のツールで会うようにしようという立場を固守することと予想される。首席代武レ触でも北朝鮮側は韓国側の提案を聞いてばかりだったとわかった。

また、北朝鮮側は、離散家族再会拡大という原則には同意したが、行政力不足など現実的な困難があると、再会規模や回数を大きく増やすことは大変だという見解を見せたことがわかった。

映像レターの交換対象についても、韓国側はもう再会をした人々の以外にも、まだ再会することができなかった離散家族も含もうと垂オ入れたが、北朝鮮側は、再会した人々を対象に映像レターの交換をしようと主張した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

両国は、しかし、映像レターをCDやビデオテープに製作した後、金剛山面会事務所を通して交換する方案には意見を共にした。

韓国側のホン・ヤンホ会談代表は、”来年に金剛山離散家族面会所が完工される状況で、年間 2,3回ある再会の回数をもう一回位に増やすことは受け入れてもらえず、これよりはもっと多くなければならないという考え”と言い、”しかし両側が提案した規模にかなり差があり、調整が必要な状況”と言った。

両国は、30日午前、終決会議を最後に会談を終える予定。

    関連記事