人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

同通信の報道全文は次のとおり。

国連駐在朝鮮常任代表部の公報文

【平壌8月4日発朝鮮中央通信】国連駐在朝鮮民主主義人民共和国常任代表部は、第10回核拡散防止条約(NPT)履行検討大会で米国とそれに追随する一部の当事国がわれわれに不当にも言い掛かりをつけて反共和国対決騒動を起こしたことを受けて3日、次のような公報文を発表した。

われわれは、すでに久しい前にNPTに明記された条項に従って合法的な手続きを踏んでNPTから脱退したし、誰にもNPT外にある核保有国である朝鮮民主主義人民共和国の自衛権行使に言い掛かりをつける権利と名分がない。

こんにち、核拡散防止制度の根幹を揺るがしている張本人は、核軍縮と拡散防止、原子力の平和的利用を中核事項とする条約を乱暴に蹂躙(じゅうりん)、違反して主権国家に対する核威嚇と恐喝をこととし、自分らの覇権戦略を実現するために核拡散すらためらわない米国である。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

オーストラリアに原子力潜水艦技術を移転し、イスラエルの核兵器保有を黙認、助長したことについては、米国自身も否認できないであろう。

歴史的に、系統的に条約上の義務に条目ごとに違反しながら、世界の平和と地域の安全を破壊してきた核拡散の主犯である米国が誰それの「核脅威」についてうんぬんするのは、盗人猛々しい行為の極みである。

真に、世界の平和と安全を保障するためには、核のこん棒を振り回して強権と専横をこととしている米国を国際被告席につかせ、責任をただすべきであろう。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

われわれは、米国とその追随勢力が途方もなくわが国家に言い掛かりをつけてわれわれの国権と国益を侵害しようとすることに対しては絶対に許さないであろう。---

核軍縮への道筋などについて話し合うNPT再検討会議がアメリカ・ニューヨークの国連本部で始まりました。

NPT=核拡散防止条約の再検討会議は、核軍縮や核の不拡散などに向けた取り組みについて話し合うため5年に1度開かれているもので、8月26日までの日程で開幕しました。

    関連記事