今年9月、北朝鮮の朝鮮労働党の平安北道(ピョンアンブクト)道党、新義州(シニジュ)市党の主要幹部ら30人が粛清されたが、検閲(監査)と粛清の嵐は吹き続けている。

地元のデイリーNK内部情報筋によると、新たな検閲は平安北道の宣川(ソンチョン)郡で集中的に行われた。その結果、この地域で貝の販売を行なっている水産基地拠点長が、横領した60万ドルを中国の銀行に預けたことが明らかになった。

先月28日に、道内の幹部や貿易機関職員らを平安北道宣川会館に集合させ行われた検閲事業の結果報告会では、宣川郡の雲従里(ウンジョンリ)にある水産基地拠点長、副基地長(39歳女性)、貝取り船の船主、ヤンジョン事業所書記、雲従里管理委員長の5人が銃殺されたことが報告された。

銃殺は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の射撃場で行われ、1人あたり60発の銃弾が撃ち込まれるという残忍なものだったが、粛清はそれだけに留まらなかった。