人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の国家非常防疫司令部は6月30日、新型コロナウイルスが国内に流入した経路に関する調査結果を発表し、対北ビラなどを通じ韓国側からもたらされたとの見解を明らかにした。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、調査の結果、「4月中旬頃、江原道金剛郡伊布里地域で首都に上京していた数人の人員の間で発熱症状が現れ始めた」ことが判明。さらに「彼らと接触した人々の間で発熱患者が急増した問題と、伊布里地域で初めて発熱患者が集団的に発生した問題が提起された」という。

また、「4月初め、伊布里で軍人のキム某(18歳)と幼稚園児のウィ某(5歳)が兵営と住民地周辺の小山で目新しい(見慣れない)物と接触した事実が明らかになり、彼らから悪性ウイルス感染症の初期症状と見られる臨床的特徴が現れ、新型コロナウイルス抗体の検査でも陽性と判定された」としている。

同司令部はこうした調査結果を受け、「境界沿線地域と国境地域で風をはじめ気象現象と風船によって舞い込んだ目新しい物に警戒心を持って」接し、「各非常防疫隊が厳格に回収、処理するなど疫学的対策をいっそう強化すべきだという非常指示」を発令したという。

    関連記事