人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次のとおり。


金正恩総書記が国家非常防疫司令部を訪れて全国的な非常防疫状況を調べる

【平壌5月13日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が5月12日、国家非常防疫司令部を訪れた。

金正恩氏が国家非常防疫司令部を訪問した(2022年5月13日付朝鮮中央通信)
金正恩氏が国家非常防疫司令部を訪問した(2022年5月13日付朝鮮中央通信)

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員である趙甬元、朴正天の両氏が同行した。

敬愛する金正恩総書記を現地で国家非常防疫司令部の活動家たちが迎えた。

金正恩総書記は、国家非常防疫司令部内の各指揮室を見て回りながら、現在の防疫危機状況に対処して国家防疫事業を最大非常防疫システムに移行した後の一日間の防疫実態について点検し、全国的な伝播状況を調べた。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

4月末から原因不明の熱病が全国的範囲で爆発的に伝播、拡大して短期間に35万人余りの発熱者が発生し、そのうち16万2200人余りが完治した。

5月12日の一日間に全国的範囲で1万8000人余りの発熱者が新たに発生し、現在まで18万7800人余りが隔離および治療を受けており、6人(そのうち「BA.2」感染者1人)が死亡した。

金正恩総書記は、熱病が首都圏を中心に同時多発的に伝播、拡散したのはわれわれがすでに立てた防疫システムにも盲点があることを示していると深刻に指摘した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

金正恩総書記は、悪性ウイルスの伝播を抑止する上で全国の全ての道、市、郡で自分の地域を封鎖し、住民の便宜を最大に図りながら事業単位、生産単位、居住単位別に隔絶措置を取ることが持つ重要性について改めて強調した。

金正恩総書記は特に、現在の危機を打開する上で伝播状況を後を追いながら管理し、対策を立てればいつになっても防疫活動で受身を免れないと述べ、主動的に地域を封鎖し、発熱者を隔離させ、措置を取り、治療を責任を持って行って伝播の隙間を遮断するのが急務であると語った。

金正恩総書記は、重ねて強調するが防疫活動で主導権は生命であると述べ、防疫戦で勝勢を主動的に確固ととらえるための党中央委員会政治局の決定事項を早急に、徹底的に実行して、伝染病伝播事態を迅速に抑止すべきであると指摘した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

保健医療部門と非常防疫部門では発熱者の病気経過の特性を緻密(ちみつ)に観察し、専門性のあるマニュアルの要求に即して科学的な治療方法と戦術を電撃的に伴わせ、国家的な医薬品保障対策をいっそう強化しなければならないと述べた。

金正恩総書記は、国家的な非常防疫指針を厳格に順守して悪性伝染病の伝播を抑止し、安定させ、人民が国家の非常措置を正確に理解し、その実行において高度の自覚を発揮するように政治宣伝活動を攻勢的に繰り広げることについて述べた。

金正恩総書記は、各級非常防疫単位が自分の地域、自分の単位の防疫活動に対する作戦と指揮能力を高め、提起される状況に機敏に対応できる準備を十分に整える問題、力量の編制を綿密に行って防疫活動で迅速性と科学性を保障する問題をはじめ、具体的な実行課題を提示した。

金正恩総書記は、直面した保健危機状況を一日も早く逆転させ、防疫の安定を回復し、わが人民の健康と安泰を守るのはわが党に提起される最も重大な挑戦であり、至上の課題になると述べ、防疫戦争を勝利に向けて主導していくという党中央の決心と意志、戦略・戦術を宣明した。

金正恩総書記は、国家非常防疫司令部の活動家らが党と革命が付与した厳粛な使命感と責務を深く自覚し、党中央委員会第8期第8回政治局会議の精神の要求通りに果敢な勇気と実践力で悪性伝染病の伝播根源を完璧(かんぺき)に遮断、掃滅し、防疫大戦の勝利の突破口を先頭に立って切り開くとの期待と確信を表明した。---

    関連記事