人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮外務省は8日、日本政府が「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産登録へ向け国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦したことは、「耐え難い冒涜(ぼうとく)」であるとする論評をウェブサイトに掲げた。

論評は「佐渡島の金山は朝鮮人労働者に対する殺人的な労働強要と極端な民族的差別行為として、今日までも私たち人民の中で生き地獄の代名詞となっている所だ」と主張。また日本が、「朝鮮人強制徴用者たちがまるで、日本人とまったく同じ待遇を受けたという皇后無計な主張まで持ち出している」と指摘した。

その上で、「これは、前世紀の朝鮮に対する植民地ファッショ統治の犯罪史を否定して覆ってしまおうとする日本特有の傲慢性と狡猾性の集中的発露であり、過酷な苦役と飢えに倒れた霊魂と朝鮮人民に対する耐え難い冒涜だ」と反発した。

さらに、「日本の名誉は、佐渡島の金山を世界文化遺産として登録するのではなく、過去の侵略史、反人倫犯罪史について誠実に反省して謝罪することにある」としながら、「日本の保守勢力がいくら無理な主張を並べても、侵略と犯罪の痕跡が明らかな佐渡島の金山は絶対に世界文化遺産になり得ない」と強調した。

    関連記事