人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会と国務委員会は27日、李勇武(リ・ヨンム)氏の訃音を発表した。朝鮮中央通信が28日、報じた。

1923年生まれの李勇武氏は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)総政治局長、国防委員会(現国務委員会)副委員長、人民武力省の顧問などを歴任。金日成・金正日勲章を受勲した。同通信によると、急性心筋梗塞によって死去した。

同通信は「20年間、国防委員会副委員長の重責で強い責任感と指導能力を発揮して、全国の土地を社会主義朝鮮の土地らしく変貌させようとする金正日総書記の雄大な構想を貫徹する上で大きな功労を立てた」と李勇武氏の功績を称えた。

    関連記事