北朝鮮の保衛機関は、先月24日に両江道恵山市で発生した地方主権選挙の候補者ポスターの落書き事件の容疑者は、雲興郡付近に住む複数の男性の可能性が高いとみて捜査を行っている事が明らかになった。

両江道の保衛部は、恵山市松峯洞の選挙ポスターに「李明博を支持する」という落書きが書かれた事件をスパイ事件と判断し、大々的な調査を行っている。

15日、両江道の内部消息筋は「保安院によると、波紋が大きくなる可能性ある事件な為、秘密裏に調査を行っている。捜査関係者には箝口令が引かれている」と伝えた。

消息筋は「雲興郡では選挙者ポスターが破られるなどの毀損事件が発生した。保衛部は事件発生時刻を見る限り、雲興郡で発生し恵山市内に移動したと判断している」と述べた。

続いて「市内に移動しながらポスターの毀損を行い、最終的には松峯洞で李明博を指示するという落書きで仕上げを行なったと考えている様だ。距離的に車で移動していると思われ、犯行の大胆さから犯人は複数人の男性と思われる」と話した。

「雲興郡での調査が終わり次第、近隣住民の調査も行われると言われている」と伝えた。

「保衛部員は、南朝鮮の安企部の仕業であると言っている。しかし、事件を知っている人々は『安全企画部の仕業であるのなら、既に国境を越えているはずである。何故、今更関係のない我々の調査を行うのか。内部の犯行であると考えているからではないのか』と述べている」と伝えた。

最近、両江道地域で行われている「暴風軍団」の検閲は、今回の事件に少なくない影響を受けていると思われる。金正恩の指示で派遣されたこの軍団は、恵山を中心に大々的な検閲事業を進めており、1つの群から50世帯程が僻地に追放されている。

    関連記事