人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次の通り。

朝鮮社会主義女性同盟第7回大会

【平壌6月22日発朝鮮中央通信】朝鮮社会主義女性同盟(女性同盟)第7回大会が20、21の両日、平壌で行われた。

大会では、総括期間に女性同盟の活動状況が全面的に分析、総括され、女性同盟が社会主義建設の偉大な新しい勝利を目指す闘いで革命的女性組織としての使命と任務を全うしていくようにするための課題と実践方途が討議された。

大会には、各級女性同盟組織で選挙された代表者が参加した。

党、行政、武力機関の活動家が、オブザーバーとして出席した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

朝鮮労働党中央委員会の李日煥書記(党政治局委員)、党中央委員会のリ・ドゥソン部長と女性同盟中央委員会の執行委員、各道女性同盟委員長、武力機関で女性同盟の活動につかさどる活動家、模範的な女性同盟の活動家と中核的な女性同盟員、関係部門の活動家が幹部壇についた。

大会では、執行部と秘書部を選挙した。

大会は、次のような議案を承認した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

1.朝鮮社会主義女性同盟中央委員会の活動総括

2.朝鮮社会主義女性同盟中央検査委員会の活動総括

3.朝鮮社会主義女性同盟規約の改正について

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

4.朝鮮社会主義女性同盟中央指導機関の選挙

大会では、朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国務委員長である敬愛する金正恩同志が朝鮮社会主義女性同盟第7回大会の参加者に送った綱領的書簡「女性同盟は朝鮮式社会主義の前進・発展を促進する強力な部隊になろう」を朝鮮労働党中央委員会の李日煥書記が伝達した。

金正恩総書記は書簡で、党中央委員会第8期第3回総会が行われた直後に開かれた今回の大会が革命の一翼を担当した朝鮮女性運動の位置と任務を再認識し、女性同盟員を党に忠実な革命家、堅実な愛国者に準備させる上で転換的な契機になるとの期待を表明し、党中央委員会の名で熱烈に祝った。

金正恩総書記は、もっぱら朝鮮労働党を自分の運命の全部として固く信じて従い、社会主義祖国に勝利と栄光を増すために限りない献身の努力を尽くしているわが女性と女性同盟員の高潔な精神世界と不屈の闘争はわが党と人民の大きな誇りになっているとし、これまでの5年間の闘争の道程でも燃える愛国の情熱で祖国と人民、次世代にはっきりした功績を立てたことについて評価した。

金正恩総書記は、社会主義建設の新たな高揚期、激変期を開くための革命的進軍で女性同盟がその戦闘力を非常に向上させ、全ての女性同盟員を党大会と党中央の重要決定の貫徹へと奮い立たせることによって、朝鮮革命に活力を増し、全人民的総進軍を力強く推し進めなければならないということに言及し、現在、女性同盟組織に提起される課題と方途を提示した。

大会では、第1の議案「朝鮮社会主義女性同盟中央委員会の活動総括」に対する報告を女性同盟中央委員会の張春実委員長が行った。

報告者は、朝鮮労働党第8回大会が指し示した進軍方向に沿って新しい活力の時代、前進の時代を開いていく道程で朝鮮社会主義女性同盟第7回大会が開かれるようになったことには女性同盟が前世代の女性が発揮した英雄的闘争精神を継いで党の紐帯、頼もしい援助者としての役割を立派に遂行していくことを願う党中央の信頼と期待がこもっていると述べた。

また、金正恩総書記は今から5年前、女性同盟第6回大会の参加者に歴史的な書簡を送って女性同盟の活動を朝鮮革命とチュチェの女性運動発展の合法則的要求に即して強化し、発展させていくことのできる不滅の大綱を与えたと強調した。

そして、金正恩総書記が女性同盟が組織強化の一大旋風を巻き起こして、各級女性同盟組織を組織性と規律性の強い戦闘的組織につくるように導いたことに言及した。

さらに、第7回党大会で提示された課題を貫徹するための女性同盟の活動で収められた成果は全的に女性同盟が党の偉業に限りなく忠実であるように温かく導いてくれた金正恩総書記の偉大な指導の結実であると強調した。

報告者は、女性同盟には第8回党大会が示した闘争綱領を実現するための総進軍で、大衆的政治組織としての戦闘的威力を高く宣揚すべき栄誉ある任務が提起されていると述べた。

また、各級女性同盟組織が党大会の決定を体して女性同盟の活動に根本的な転換をもたらすための闘いに邁進(まいしん)することに言及した。

報告者は、みんなが金正恩総書記の周りに鉄桶のごとく団結して、社会主義偉業の新しい勝利を目指して力強く闘っていこうと呼びかけた。

大会では、第1の議案に対する討論が行われた。

各討論では、総括期間に同盟活動で収められた成果と経験、現れた欠点とその原因が分析、総括された。

各討論者は、新しい決心と覚悟を持って奮発して、同盟の活動を党の思想と意図通りに行うという決意を披歴した。

大会では、第2の議案「朝鮮社会主義女性同盟中央検査委員会の活動総括」に対する報告に続いて討論が行われ、決定書が全員賛成で採択された。

大会では、第3の議案「朝鮮社会主義女性同盟の規約改正について」が討議された。

革命発展の要求と女性同盟建設の原理に合わせて修正、補足された朝鮮社会主義女性同盟の規約改正に対する報告に続いて、決定書が代表者の全員賛成で採択された。

大会では、第4の議案「朝鮮社会主義女性同盟中央指導機関の選挙」を討議した。

朝鮮社会主義女性同盟中央委員会を選挙した。

推薦(すいせん)された女性同盟中央委員会の委員および委員候補の候補者みんなが代表者の全員賛成で女性同盟中央委員会の委員および委員候補に選挙された。

女性同盟中央委員会第7期第1回総会が、行われた。

朝鮮労働党中央委員会の李日煥書記が、女性同盟中央委員会第7期第1回総会の結果を発表した。

女性同盟中央委員会執行委員会が、選挙された。

女性同盟中央委員会の委員長にキム・ジョンスンさん、副委員長にチャ・ヒョンオクさん、リ・ヒャンスクさん、ソン・ミョンエさん、リ・ヘイムさんが、選挙された。

女性同盟中央委員会組織委員会が、構成された。

朝鮮社会主義女性同盟中央検査委員会の委員長、副委員長、委員が選挙された。

女性同盟中央委員会の各部長が、任命された。

大会は、新しく選挙された第7期女性同盟中央指導機関のメンバーで大会決定書草案作成委員会を選挙し、委員会は第1の議案に対する決定書の草案を総合的に審議した。

大会では、金正恩総書記の書簡に提示された綱領的課題を貫徹するための活動内容と代表者の創意的かつ建設的な提議が補足、反映された第1の議案に対する決定書が全員賛成で採択された。---

    関連記事