人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

同通信の報道全文は次の通り。

金徳訓総理が平壌市1万世帯住宅の建設場を視察

【平壌6月11日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国内閣の金徳訓総理(朝鮮労働党政治局常務委員)が、平壌市1万世帯住宅の建設場を視察した。

朝鮮労働党の雄大な首都建設の構想が壮大な現実になっている住宅の建設場を見て回りながら金徳訓総理は、第8回党大会と党中央委員会第8期第2回総会の決定を体して人民の理想的な市街を建設するために忠誠の突撃戦、熾烈(しれつ)な徹夜戦を繰り広げながら新たな平壌速度、建設神話を生み出している建設者たちを励ました。

活動家が大衆の高揚した熱意に合わせて工事の作戦と指揮をより緻密(ちみつ)に行って対象別、単位別に応じた工程計画を狂いなく遂行し、建設装備の利用率を最大に高めるとともに施工の質を徹底的に保証することについて強調した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

現地で行われた協議会では、金属工業部門で平壌市1万世帯住宅の建設に必要な鉄鋼材の生産を増やすことをはじめ、関連部門で資材と設備を最優先的に保障する上で提起される問題が討議された。

一方、金徳訓総理は平壌基礎食品工場を見て回りながら生産を活性化することについて指摘し、原料を円滑に供給するための対策を講じた。---

    関連記事