人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

朝鮮労働党中央委員会の李日煥書記(党政治局委員)が、「朝鮮職業総同盟第8回大会の決定貫徹のための闘いで大会の参加者が自分の責任と本分を全うしていくことについて」と題して出演した。

出演者は、総書記の綱領的な書簡は職業同盟を社会主義建設の新たな高揚期を先頭に立って切り開く前衛部隊に強化し、発展させる上で提起される課題と方途を明示した不滅の指針であると強調した。

講習では、職業同盟内に金正恩総書記の唯一的指導体系を確立するための活動を生命線としてとらえてより深化させていくことに関する問題が重要に言及された。

出演者は、全同盟を総書記の革命思想で一色化することに同盟活動の火力を集中することについて解説した。

また、党中央の権威を絶対化し、あらゆる面から防衛し、党の指導業績を擁護、固守して輝かす活動を着実に繰り広げることと、党の方針を決死の覚悟で貫徹するための手配を綿密にし、その実行において鉄の規律と秩序を立てることについて強調した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

講習では、朝鮮労働党第8回大会が示した戦闘的課題を指針とし、職業同盟第8回大会の決定を無条件に貫徹するという透徹した覚悟を持つことに関する問題が取り扱われた。

出演者は、今大会の決定貫徹の成果いかんは全的に、職業同盟の中核力量であり、同盟活動を策定、指導する指揮メンバーであり、職業同盟員の直接的教育者である大会参加者の思想的覚悟にかかっていると強調した。

大会の決定は、全同盟の組織的意思であり、貫徹すべき闘争目標であり、大会の決定を貫徹するのが党の指導業績を擁護、固守して輝かすための根本保証になるということを肝に銘じ、実践の闘争の中で党に対する忠実性と実践力を検証されるという思想観点と立場を持つことについて解説した。

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

講習では、全ての大会参加者が歴史的な書簡に提示された課題を貫徹することで、社会主義建設の各部門で力強い勤労闘争によって変革をもたらすことに関する内容が強調された。

大会を前後にして、参加者は平壌市内の各所を参観した。

参加者は、職業同盟中央労働者芸能宣伝隊の公演と映画鑑賞をはじめ、多彩な政治・文化活動を行った。---

    関連記事