「世界に暴露して欲しい」ある北朝鮮兵士の死を告発した一本の電話

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

4月27日、韓国デイリーNK編集部に一本の電話がかかって来た。「外国にいる」「現地の電話からかけている」と明らかにした男性は、「全世界に必ず暴露すべき」だと語気を強めた。

自らの素性を明らかにせず、キムとだけ名乗ったこの男性は「(他のことは質問せず)自分の話だけを聞いてくれ、これを世界に知らせてくれ」と述べた。それは海外で長年にわたってデイリーNKが発信する記事を読み続けてきたという男性の叫びだった。

20分余りの通話で明らかにされたのは、北朝鮮の最高検察所がロシアで行なった、脱北者拉致事件の詳細だった。その訛りから彼が北朝鮮出身であろうことが推測できたが、噂話に尾ひれが付きがちなのが、北朝鮮情報の常だ。取材班は事実確認のために、ロシア国内の別の情報筋に連絡を取ったところ、キム氏の証言内容と一致する話に加え、さらなる情報を提供してくれた。以下は、それらをまとめて再構成したものだ。

北朝鮮は、数多くの労働者をロシアの建設現場に送り込んでいるが、その中には朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士もいる。7総局(工兵総局)傘下の錦陵会社の分隊長だったチュ・ギョンチョルさんもその中のひとりだった。

北朝鮮は、海外に派遣した労働者に「忠誠の資金(上納金)」のノルマを割り当てている。労働者の中には、給料の多くを当局にピンハネされた上に、上納金の工面に追われた挙げ句、命を絶つ人もいる。その一方で、バイトをかけ持ちするなどして、上納金を収めながらも、収入を確保する人もいた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

しかし、兵士らが置かれた状況はいっそう過酷だ。軍の命令で派遣された彼らに給料はビタ一文入らず、全額を北朝鮮当局に搾取される。バイトに出かける自由もない。

(参考記事:ロシアで北朝鮮労働者が自殺…制裁影響、先月に続き

ロシアに派遣された建設部隊の兵士らは、ゴミ箱からタバコの吸い殻を集め、紙で巻き直して吸うほどの極貧生活を強いられた。「白飯に肉の入ったスープが食べられ、外国見物ができるのもすべて党のおかげ」という触れ込みとはかけ離れた暮らしだった。

「1ドルも手にできないままでは帰国できない」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

国に裏切られたという気持ちと、漠然とした不安感を抱いていたチュさんは2017年1月末、韓国行きを決心。現場を離脱して、ロシア駐在の国連の施設に逃げ込んだ。

それから5ヶ月後。彼が暮らしていた国連の難民施設に、ロシア連邦保安庁(旧KGB)の要員がやって来て、彼の身柄を引き渡すよう要求した。北朝鮮の最高検察所から、チュさんが未成年に対する強姦殺人未遂の容疑者であるとの通知があったからだという。

「わが国(北朝鮮)から逃げた人を捕まえる場合に、よく使う手法をチュさんにも使った」(キム氏)

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

(参考記事:美人タレントを「全身ギプス」で固めて連れ去った金正恩氏の目的

サンクト・ペテルブルグの警察署の留置場に移送された彼は、「北朝鮮に送り返されて殺される」「助けてくれ。殺人はしていない。帰国させられれば民族反逆者にされて殺される」と涙を流しながら命乞いをした。

ロシア当局は、人権がらみで国際社会から非難を受ける余地を残したくなかったもようで、北朝鮮から送付されてきた書類を綿密に検討した。すると、書類に記された犯行日時が、チュさんがロシアに入国した後のものであることが確認された。勾留から40日後、裁判で無罪判決を受けた彼は自由の身となり、国連の施設に戻ることができた。

2018年春、韓国行きの日を指折り数えていた彼のもとに、サンクト・ペテルブルグの連邦保安庁から面談の要請が入った。彼は、国連施設の弁護士とともに外出した。そこで、彼は姿を消した。立ち寄ったトイレで、拉致されてしまったのだ。

数日後、遠く離れたウラジオストクの裁判所で強制退去命令を下され、その日のうちに北朝鮮に強制送還されたことは、デイリーNKでも既報のとおりだが、その後の彼に何が起きたのか。デイリーNKの北朝鮮国内の高位情報筋の話はこうだ。

(参考記事:北朝鮮軍の脱走兵、ロシアから拉致・強制送還か

「チュさんは、当時7総局海外軍人建設労働者のうち、最も(滞在期間が)長い組長で、党の資金の流れをくまなく知っていた。越南逃走(脱北後の韓国行き)を把握した後、『殺してでも連れてこい』という党の方針が下されたと聞いている」

知りすぎてしまったが故に拉致、強制送還されたチュさんは4カ月後、裁判を受けることもなく「国家保衛省(秘密警察)に、革命の名の下に処刑された」(情報筋)という。

今年に入って、複数の北朝鮮労働者が脱北、韓国入りに成功しているが、その裏ではチュさんのみならず数多くの労働者が命を落としている。

(参考記事:ロシアメディア「北朝鮮人労働者3人、ロシアから韓国に到着」

    関連記事